04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【ばんちゃん@紋別】

2011.10.31 (Mon)

1日目の夜は、
現地を案内して下さる細谷先生のお薦めの店、
ばんちゃんへ。

まずはこの鶏の素揚げ。
皮がパリっとしていて、
中の肉がふわっと柔らかくジューシー!
あまりに絶妙な揚げ加減に最初から気分が盛り上がる。


今朝とれたてのイカは細作り。
三升漬けという青なんばん、麹、醤油を一升づつ合わせて漬け込んだものを新鮮なイカわたと合わせたタレにつけて頂く。
コリコリした食感と濃厚なイカわたダレが絶品。


そしてこの大きなツブ貝。
やみつきになる程のコリコリの食感。
こんなツブ貝は初めて食べました。
お店のお母さんによると、
ツブ貝は水槽に入れるとストレスで身がぶよぶよになってしまうので、
とってきてそのままを食べるのが1番なのだそう。


そしてこれは何の刺身かわかりますか?
なんと、ニシンです。
東京で見るニシンはどれも真っ黒に固く干された干物がほとんどですが、
地元では刺身になるのです。
この脂ののったニシンのうまいことといったら。
このニシンは山わさびという黄色いワサビで頂きました。
ツンと鋭く、しかしさっと引いていく辛味が刺身によく合う。


この山わさび、
あまりにもはまりすぎて
終いには山わさびと醤油を合わせたものをちびちびつまみながら酒を飲んでしまいました。

そして数の子入りで塩焼きにしたニシン。
これまた、ほわっとしたニシンの身の美味しい事。
干物からは想像もつかない美味しさ。
そしてニシンの身から出る旨味を吸った数の子が、ありえないくらい美味しい。


最後にばんちゃん名物
三平汁


じっくり深くて濃厚なニシンの出汁で作った汁が、
大根とジャガイモにたっぷり染み込んでいて、
しみじみと幸せになる汁でした。

これと一緒に出てきたのが、
北海道米のゆめぴかり。
ふっくらもちもちの食感は、
工夫のフライパン炊きの賜物。
それに贅沢にもいくら醤油と大根おろしをかけて頂きました。

北海道は、紋別は、
なんて美味しいのだろう…
と、いっぱいのお腹をさすりながらホテルに戻りました。
スポンサーサイト
11:15  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【祇園鉄鍋餃子@福岡 祇園】

2011.09.15 (Thu)

昨夜は福岡、祇園にある
福岡祇園鉄鍋餃子へ行きました。

分厚い鉄鍋の上でかなりしっかりカリカリに焼けた餃子は、
スナック感覚でパリパリ食べられました。
これは、ビールによく合う。


一品料理の、
手羽の煮込みも、
ほろほろ身が崩れるほど柔らかくて美味しかったです。


さて、これからスペースワールドへ向かいます!
10:01  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【まる伊@八丁堀】CPの高い満足ランチ

2011.09.10 (Sat)

昨日は試作大会。
お昼は八丁堀のお寿司屋さんへ。

まる伊

八丁堀駅A2出口をでてすぐ裏手。
半地下に降りたとこにある寿司屋さん。
こじんまりとしていてやや隠れ家風。

ランチ名物のづけ穴ちらしは1200円。
いか、たこ、シャケ、とびこ、卵焼き、えび、穴子と盛りだくさん。
でも、いくらに出会えなかった。
メニューには書いてあったのになぁ。



奥は連れが選んだ特上にぎり 1500円

ちらしは全体的に甘めの味付けで、
私好みでした。
穴子はこの値段と思えないほど、
ふんわり柔らかかったです。
13:17  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【店名 イーエイチバンク E.H BANK@神戸 三宮】

2011.08.15 (Mon)

イギリスの古い銀行をそのままカフェにしたお洒落なカフェ
イーエイチバンク (E.H BANK)
でお茶してます。

天井が高くて開放感があってゆったりくつろげます。


今までさんざん食べて飲んだので、
夕飯に備えてここではお茶だけ。
ローズ&ピーチティー


夜はバースペースになるみたい。
それもまた雰囲気良さそうです。
18:12  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

関西旅行にきました!【観音屋@神戸 元町】

2011.08.15 (Mon)

関西旅行にきました。

ランチは神戸元町のアーケード街にある、観音屋。
名前から想像つきませんが、ここはデンマークチーズのお店なのです。

カフェでは、デンマークチーズをたっぷり使ったチーズフォンデュが楽しめます。

このチーズがトロトロと流れる柔らかさで、
しかもしつこくない。
なんだか山芋のような流れるとろみ感なのです。
バゲットにたっぷりつけて食べると、
チーズの甘みが口いっぱいに広がって幸せ。

そして、ここの名物はこのチーズケーキ。
チーズ風味のかるーいスポンジに、
これまたフォンデュに似たしつこくないけれど、やや熟成されたこくのあるチーズがたっぷりかかっています。


このチーズケーキ、すっごく軽くて、
あっという間に食べられちゃいます。

確かに、クリームチーズを少量の粉で焼くチーズケーキを一般にはチーズケーキと呼びますが、
チーズを使ったケーキとしてはこれもまぎれもなくチーズケーキですね。

やはり、名物を作るには、
今までにない驚きのあるメニューを考える必要があるなぁと改めて思いました。
15:29  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。