06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【味仙@名古屋 矢場】

2010.02.22 (Mon)

土曜日は観劇後にお茶会と呼ばれるスターさんとファンの交流会(?)があり、
それに出席後、お仲間たちと2次会へ。

みんな旅慣れていらっしゃる上、
美味しいもの情報もよくご存じなので、
とっても頼りになります。。

手羽先で有名な 風来坊 へ行こうかと話していたものの、
電話するといっぱいなようなので、
近くにあった、これもまた有名店
「味仙」へ。

店内にど~んと貼られたポスター
こういうのをみると、あぁ、旅に来たんだな~としみじみ感じて、気分が益々盛り上がる。
100221味仙・ポスター

名古屋名物、手羽先。
100221味仙・手羽先
思ったより甘ったるい。
名古屋の人は甘党なのかも。
でも、この甘ったるさ+強烈なニンニクが、
ビールに合うんだな~。
なんだか、名古屋じゃなくて、本当に台湾にきたみたい。
そうそう、台湾の夜って、こんな感じに、酒と、甘辛くて旨いつまみがたくさん並べられ、
ざわついた店内に忙しそうな厨房の音が聞こえてきて、
不夜城みたいな雰囲気だったなぁ。

そして、これまた名古屋名物
台湾ラーメン
100221味仙・ラーメン

辛かった。
ニンニクのパンチ強かった。
で、やっぱし旨かった。
しかし、辛かった。

私以外のみんなは、「台湾ラーメンの アメリカン」
を頼んでました(笑)。

本当に、アメリカンという名前でメニューにありました。

辛みが薄めてあるみたいです。


久々の月組ファンのお仲間と会えて、
楽しくおしゃべりできて、
名古屋名物の店も案内してもらえ、
すっかり満足した一日でした。

しかし、実は私は、
さすがに・・・そろそろ仕事に集中するため、
今回の旅を最後に、
これからは宝塚などの趣味への時間を縮小しようと決心して臨んだ、
今公演だったのです。
これは、思い出作りみたいな気分でもあったのです。

だから、楽しければ楽しいほど、一人静かにじ~んとしてました・・。


さて、気を引き締めて、
これから頑張って一歩ずつ歩んでいかねば・・。

そんな思い出旅行の地 & 新たなる出発の地が、
偶然にもこれからの仕事のパートナーの出身地とは・・!

きっと、目に見えない“縁”てものは、世の中に存在するんでしょうね・・・。
スポンサーサイト
22:04  |  旅グルメ(名古屋)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

名古屋へ行ってきました~!【あつた蓬莱軒@名古屋 栄】

2010.02.21 (Sun)

名古屋へ行ってきました~。。

えっ(汗)なぜって?


それは・・・
もう、毎度のことですが、やっぱり宝塚でした・・。

中日劇場で月組公演がありました。


そうそう、名古屋と言えば、
「みなとキッチン」を一緒にやってくれる相棒(←というドラマがありましたね)の
なるちゃんの出身地。

今回、事前準備をあまりせず、
どたばたと出発したため、直前になるちゃんにメールで美味しい店を聞いておきました。

そして、教えてもらった通りに回りましたとも!

まずはついた当日は午後4時まで暇だったため、
同じく時間をもてあます知り合いの方と、
松坂屋のデパ地下へ。

いくつか店を練り歩き、
結局、「天むす」を買い、
「とらや」で蓬ういろうを買い、

たどり着いたのは10階の 「蓬莱軒」

ここは名古屋名物「ひつまぶし」の商標登録を持っている老舗。


もちろん頼んだのは「ひつまぶし」

100220蓬莱軒・ひつまぶし

1杯目はそのまま
2杯目は薬味をかけて
3杯目は薬味+だしをかけてお茶漬け風に

4杯目はお好みで・・・

という食べ方に則って食べました。

そのまま食べるのが一番好きでした。

この鰻、皮がよく焼けていて、炭焼きの香ばしい香りがぷーんと広がる。
身のほうも、細かく包丁が入っているから、ふんわり柔らかい。


まあ、味も「ほう」となるようなものでしたが、
何より、旅先でご当地グルメを食べられることが幸せだと感じました。

全国各地の名産品が東京に集まる時代になっても、
こういう満足感はやっぱり、旅先でないと感じられないもんだろうなと思います。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

20:35  |  旅グルメ(名古屋)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。