スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【つきぢ田村@築地】

2009.06.29 (Mon)

昆布講義&築地ツアーの最後に
「つきぢ田村」で昼食

6,300円のコースは、
けっこうボリュームあって美味しかった。

前菜は
 海老むし
 酢蓮根
 鶏カレーむし
 あなご高菜漬
 昆布巻
 帆立貝木の芽焼き
 さつま芋甘煮
 白瓜塩漬
の8種が少しづつ盛り付けられ、かわいい。
090627田むら・2前菜

椀 は 水無月豆腐 鱧葛打ち
090627田むら・3椀

造りはめじ鯖、たい、かんぱち、あおりいか、山葵
090627田むら・4造り
いかが綺麗に隠し包丁してあったこともあるけれど、
とても柔らかく歯でさくっとかみ切れる絶妙な歯ごたえだった。

焼き物は鮎
090627田むら・5焼き物
この遠火でじっくり焼いた皮パリ&中しっとり
は、なかなか家で出来ないのよね。

小鉢 は じゅんさいの養老豆腐
090627田むら・6小鉢
とろとろぷるぷるのゼリー寄せと、
じゅんさいのつるっと感は同じつるっという食感でもちょっと変化があって面白い。

煮物は 茄子田楽
090627田むら・7煮物

なすがちょうど良い感じにとろっとしていて、
甘め田楽味噌がよくからんで美味しい。

止め椀は 大葉雑炊
090627田むら・止め椀、香物
こういうところで食べる雑炊って、
なんかどれもインパクトが弱い。
これも同じだった。

水物は メロンゼリー
090627田むら・8水物
これも冷たくてとろっとしていて、
メロンのフレッシュさもあって食事のあとでもつるっと入っていった。

甘味はしるこ
090627田むら・甘味
う~ん、汁物の甘味に抹茶っていうのはどうなんだろ・・?

全体的にこれぞっ!っていうインパクトは薄いものの、
どれも丁寧に作られていて美味しかった。
中でも、とろとろとろけて、
箸でもすくいにくい水無月豆腐が美味しかった。
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

23:42  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

吹田商店で “昆布” テイスティング

2009.06.28 (Sun)

昨日は吹田商店の I さん主催の
「 昆布講習会&築地ツアー 」

昆布は、産地によって
味も風味もものすご~く違ってることを知って勉強になった。
ワイン並みに面白い!

下は昆布の水出し6種類。
090627吹田商店・昆布水出し

1. 真昆布(函館)・・ 関西で使われる。濃厚だけどすっきり。
     (↑ 上品なお吸い物の味)

2. 日高昆布・・ 関東で使われる。薄くて柔らかいので昆布巻きなどに。
     (↑ 私にとっても、一番馴染みの味だった)

3. 長昆布・・ 九州、沖縄で使われる。磯の香りが強い。おでんの結び昆布など。
     (↑ 確かに、コンビニとかのおでんの味だった。)

4. 羅臼昆布・・ 富山で使われる。味がかなり濃くて、京都・大阪では使われない。

5. 利尻昆布・・ 京都の千枚漬けなど、つけものに使われる。とろみがある。
     (↑ まさに、千枚漬けの味)

6. 市販の顆粒だし・・ すでに塩っけがある。

もう1つ、最後に出てきた 7番目の昆布は、
真昆布のビンテージもので、H11年産。
実は、昆布は賞味期限って書いてあるけれど、
置けばおくほど、表面に白い旨み成分が付着して、
美味しくなるらしい。

実際、この7番目の水出し昆布が一番芳醇で美味しかった!

090627吹田商店・昆布
この写真で一番奥が、
このH11年産のビンテージものの真昆布。
白い旨み成分がびっしり付着している。
その隣のやや黒いのはH16年産だから、4年もの。

手前の方の細いのが日高昆布。
一番手前が利尻昆布。

こんなお土産になりそうな可愛いアート昆布。
事前に頼むと1枚200円程度で作ってくれるらしい!!
090627吹田商店・昆布アート

とにかく、目から鱗の昆布講習&テイスティング会
本当に楽しかったです!
21:58  |  グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

* 出雲蕎麦と色々野菜のかき揚げ *

2009.06.27 (Sat)

暑くなりましたね。

暑い日には冷たい麺類が食べたくなる。

と言うことで、もらい物の出雲蕎麦を茹でて、
冷蔵庫にある色々な野菜のかき揚げ。

かき揚げは下の2種

 ・ 赤ピーマン、そら豆、ゴーヤ、人参、カシューナッツ
    ↑ こっちは彩り豊かで、ピーマンの甘みとゴーヤの苦味、そら豆とナッツのこくが3味一体。
       ビールにも合う!

 ・ ささがき牛蒡、豚バラ、玉ねぎ
    ↑ 豚バラでボリュームのあるかき揚げ。
       私のささがき練習の為、最近ささがき牛蒡がよく食卓に登ります (笑)

090621出雲蕎麦

テーマ : きょうのご飯 - ジャンル : グルメ

20:57  |  クッキング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

* 鯛めしのランチ *

2009.06.25 (Thu)

今クール、はまっていたドラマといえば、
「白い春」とか、「アイシテイル」とかあったんだけど、
どれも中途半端に見ていた。

で、一番はまったのが、
フジの「BOSS」 !!
天海さんがすご~くかっこよかった。
竹之内豊も、しぶくておもしろい中々味のある役者さんになられた事!
玉山鉄二さんもかっこいいなぁ。
私のタイプではないけど、それでもこういうしぶいイケメンを見ると癒される・・・
で、ネットで調べてショックだったのは、
玉山鉄二さん、なんと!!・・・年下だった・・・。1才だけだけど・・(-。 -; )

今日の最終回もすご~く楽しみにしてたんだけど、
9時55分くらいから、カウントダウンしていたら、
なんと!!10時3分にオット帰宅!
オットは最近、ダイエットのためにWiiで運動している・・・のだ・・。
と言うわけで、家にいる時間の多い私は泣く泣く(笑)、テレビをオットに譲り、
明日楽しみに見ます。

そんな、今日の1人ランチは
小ぶりの真鯛が一尾320円だったので、
鯛めしにしてみました。
090625鯛めし炊飯器

昼飯のメニューはこんな感じ。
 ご飯: 鯛めし
 味噌汁: なすと三つ葉の合わせ味噌汁
 香の物: 自家製らっきょう漬け(←一年ものです。今年も漬けようかな?)
 小鉢: 柚子こんにゃく、 茹でそら豆
090625鯛めしランチ

さて、鯛を下ろすのだけがやや手間がかかるけど、
あとは調味料を合わせて炊飯器お任せの簡単料理の鯛めしレシピはこちら ↓

******************************************************
鯛めし

<材料>
鯛 小ぶりなもの 一尾
米 3合
水 3合


 醤油 大2
 酒 大2
 塩 小1
 昆布 10cmくらい

<作り方>
1.鯛は鱗をとり、えらを切り取り内臓をかき出し、
竹串などで中骨に沿った血管もこそげて血を出し、よく真水で洗う。
2.炊飯器に洗った米と水を入れ、Aの調味料をあわせて混ぜ、1の鯛を上にのせて炊く。

23:54  |  魚料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

** いしもちのナンプラー焼き **

2009.06.23 (Tue)

夕方スーパーに行くと、いしもち が250円だった。

いしもちって、ふんわり柔らかい白身で美味しい。
今日はナンプラー焼きにして、
ちょうど家にあった香草ものせて、
タイ風にしてみた。

タイ料理って甘み、酸味、辛味などが渾然一体となっていて、
食欲もそそるし、疲れた身体に染み渡る料理だと思う。
今日みたいな暑い日にはもってこい!

ちなみに、香草は切り落とした根っこの方をコップに入れて、
水栽培している。
大きくなったら、土に植え替えようっと。
そしたら、いちいち香草を買わなくても料理に使える。
便利だなぁ。

090623いしもち

**************************************************
いしもちのナンプラー焼き
<材料>
・ いしもち 2尾
・ オリーブオイル(なければサラダオイルでも可) 適量
・ 赤唐辛子 1/2本 (種を除く)
A
 ・白ワイン 50cc
 ・砂糖 大1
 ・ナンプラー 小1
 ・酢   小1

・ 塩  (好みで)

・ 香草 (3cm程度に切っておく)

1.いしもちは3枚に下ろして骨を抜く。
  (皮目に×に切込みを入れておくと、焼いても身が反り返らない。気にならなければしなくてもOK)
2.中火のフライパンにオリーブオイルを熱し、種を抜いた赤唐辛子を入れ数秒したところで、
  いしもちを皮めを下にして入れ、数秒してすぐに裏返す。
3.フライパンにAを入れ、汁気がなくなるまで煮詰めたら味をみて、足りなければ塩を適量足す。
4.皿に盛り付けて上に香草を散らす。

テーマ : きょうのご飯 - ジャンル : グルメ

21:48  |  魚料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【AtoZ cafe@表参道】

2009.06.22 (Mon)

フードの学校で知り合った友人達が表参道で集まっているというので、
私も飛び入り参加。

たどり着いたのは 表参道の 「A to Z cafe」
スパイラル交差点付近の小道を入っていったところにある。
アーティスト奈良美智がデザインを手がけ、
店内は雰囲気の異なる5,6スペースの空間が合さって出来ている。
不思議な構造。
でも、むき出しの木のテーブルにペンキを塗った感じや、
あちこちに奈良さんの可愛いイラストがあって、
ちょっとおしゃれかわいいカフェになっている。

友人達は、フードの学校を卒業後、
みんなそれぞれの道に進んでいて、
話を聞いていてとても楽しかった。

それに・・・、新米の自分の出来なさ加減に同感してくれる人がいるのを知って、
なんだか、すごく嬉しかった (ノ_<。)うっ
勇気付けられた!

レシピを素早く理解できないで失敗続き・・・とか、
牛蒡のささがきがうまくできない・・・とか、
アスパラのはかまってどこまでなのかわからない・・・とか (笑)

まあ、単純な事ながら、
いちいち、ちょっとづつ落ち込んだり、
でも頑張ろうと自分を奮い起こしたり・・・
そんな連続で研1(←宝塚で舞台に上がって1年目は”けんいち”と言うんですね笑。)の日々を
すごしているわけなんです。

友人達が頼んでいてくれたデザートは
手前から、わらび餅、ミルクプリン、 ・・・ あっ、このケーキなんだったっけ?
レアチーズかな・・・?わすれた・・!
090620AtoZ.jpg

印象的なのは、
ミルクプリンがすっごくとろとろで、
話に夢中になっているうちに溶けてしまったこと。
わらび餅もやわらかくって、美味しかった。

店員さんは水を持ってくるのが遅いとか、
後から行った私には結局最後まで水が出なかったとか、
ちょっと、評価を下げてしまうところだけど、
まあ、値段も場所を考えると良心的だし、
味も悪くなかったので、
こんどお食事もしてみたいな・・・と思った。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

18:04  |  喫茶店  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【弥生@浅草】

2009.06.21 (Sun)

昨日はオットの妹のリサイタルでした。
浅草の教会で行われたリサイタルは、
 第1部 オペラ曲
 第2部 ミュージカル曲
 第3部 作曲家 武満徹 の歌

どれも良かったけれど、
私的にはなじみのあるミュージカル曲が特によかった。

090620ひろちゃんリサイタル

「オペラ座の怪人」の曲は四季版の方の「永遠にそれが望み」という曲を歌ってくれた。
宝塚では同じ題材だけれど、
内容が少し異なる「ファントム」というミュージカルを上演している。
ミュージカル「ファントム」は当初、
ブロードウェイで創られたミュージカルなんだけれど、
同時期に製作されていた
ロイド・ウェーバー版「オペラ座の怪人」が先にウエストエンドで人気になり、
その足でブロードウェイにも入ってきてしまったので、
「ファントム」の方はその後、色々と苦労することになったらしい。
ただ、宝塚的にはファントムとクリスティーヌの恋愛がピックアップされた
「ファントム」の方が、内容的にぴったりだったんだと思う。

日本では 「オペラ座の怪人」→四季
       「ファントム」 →宝塚

というように、うまく棲み分けが出来ている。

私はこの宝塚の「ファントム」、けっこう好きなミュージカル。
内容を深く考えると、ちょっといたたまれないけれど、
曲も舞台美術も演出もしっかりと創ってあって見ていて楽しい。

リサイタル後には浅草の「弥生」で串カツを食べる。
090620弥生・串カツ
手前左側から反時計回りに
串カツ、アスパラ、玉ねぎ、うずら

090620弥生・海老カツ
こっちは海老カツ

ここの串揚げは細かいパン粉を使っていて、
きめ細かいサクサク感がなんともいえない。

私とそんなに年が変わらないおかみさん(?)と、ご主人が営んでいらっしゃる。
一年ぶりに行ったのだけれど、
おかみさんと話すと、「あ~、Aちゃんと一緒に来てあそこの席に座っていた・・!」
とおぼろげに覚えていてくださった!

下町のアットホームな感じは相変わらずで、
近所の知り合いさんも入れ代わり立ち代りの、
活気のあるお店でした。

テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

23:07  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

塩豚に助けられた朝ごはん

2009.06.20 (Sat)

朝起きると10時。
外から激しい雨の音がするな~。
こんな日は家でゆっくりするか・・・ と思ったのもつかの間・・。

げっ、今日は宝塚宙組 11時公演観劇予定だった!!

急いで飛び起きて、
でも、遊びに行くのにオットのご飯を作らないのは悪い・・という
後ろめたさから、
まず、キッチンに立つ。
でも、時間はない。

そんな時冷蔵庫に4日前から塩漬けにしていた塩豚発見!!
そうだ~!!良かった。
豚バラブロックを頂いたので、
塩をたっぷり塗りこんでこしょうをし、
ベランダにあるオレガノとかタイムを一緒にして、
リードペーパーで包んでビニール袋で密封。
1日ごとにリードペーパーを取り替えておいたもの。
赤身の部分が透明がかった鮮やかな赤になっていた。
食べごろ、食べごろ!!
090620塩豚

この塩豚を一口大に切って火が通るまで茹で、
ついでにこの茹で汁でレタスとグリーンカールも軽く茹でる。
この菜っ葉と塩豚を合わせて皿に盛る。
たれとして、 らっきょう漬けの汁:にんにく醤油 を 1:1 で割ったものをかける。

起きてから10分後には、この塩豚とレタスの煮びたし完成。

味噌汁は時間がないので、
インスタント味噌汁に、
お仕事でもらってきた、
既に切ってある大根や人参などの野菜を入れて出来上がり。
だから、千切りのものと、みじん切りのものが混在してます(笑)

090621ゆで塩豚サラダ

で、それからまた15分で身支度を整え、
10:50にはなんとか日比谷の劇場にたどり着きました(汗)!
22:35  |  肉料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

* ブラウンミルクフランス *

2009.06.18 (Thu)

ブログを始めて1年ちょっと経ちました。
レシピブログに参加することにしました。

いろんなものを一応作っているものの、
家で作ると、すぐに食べてしまうので、
ブログになかなかアップできていないまま、
一ヶ月が過ぎ、1年が過ぎ・・・。

そこで、きっかけとしてレシピブログに参加したので、
さすがに、食べ歩きだけじゃなくてレシピをのせていこうと、
重い腰を上げたという次第です。

今日作ったのは、
『ブラウンミルクフランス』

私の好物のフランスパンとミルクバタークリームが合さったこのパン、
大大好物の1つです。
090618ブラウンミルクフランス完成

パンて一見難しそうだけれど、
実はすごく簡単。
テレビを見ながら出来る(笑)。
実際、私もTBS「フレンドパーク」を見ながら作ったら、
番組を見ながら捏ね上げ、一次発酵まで終わった。
昨日のフレパは、宝塚の新生星組の面々。。
予想よりも素敵な3人で、8月の「大王四神紀」楽しみになった。
確か、このTBSのフレパのプロデューサー(男性)が、
学生時代からの宝塚ファンなんだとか。

今回はこれまた私の好きな、全粒粉でパン生地もブラウン。
ミルクバタークリームはきび糖を使ってクリームもブラウン。
すごくまろやかなクリームが、ふわふわのフランスパンに合います。

********************************
≪材料≫
A パン生地 
   全粒粉  150g
   強力粉  150g
   イースト   4g
   砂糖    10g
   塩      8g
   ぬるま湯 180cc

B ミルクバタークリーム
   バター(またはマーガリン) 60g
   砂糖     70g
   生クリーム 30g
    (↑練乳でも可。その場合砂糖は50gに減らす)

≪作り方≫
1.ボウルにAのパン生地の材料全てを入れてこねる。
  10分くらい親指の付け根で押しながらこねてまとまってきたら、
  ボウルに十数回たたきつける。
2.ひとつにまとめて、ぬらしたペーパータオルかふきんを生地の上にかけて乾燥をふせぎ、
  そのまま40分生地をねかせる(一次発酵)。
3.40分して大体1.5倍以上に膨らんだら、
  1,2回こねてガスを抜いて8等分に分け15分おく(ベンチタイム)。
4.生地を成形する
 ?楕円形に伸ばす
090618ブラウンミルクフランス

 ?上下1/3づつ折り曲げて真ん中をぎゅっと押す
090618ブラウンミルクフランス2

 ?つなぎ目をしっかりと閉じ合わせる。 
   ※ここで、しっかり閉じていないと焼いている途中で膨らんで形が崩れてしまうので注意!
090618ブラウンミルクフランス3

5.成形したら再び15分程おいて、その後210℃のオーブンで15分焼く。

6.焼いている間にBのミルクバタークリームの材料を全て混ぜ合わせてクリームを作っておく。

7.フランスパンが焼きあがり、ある程度(バタークリームが溶けない程度)に冷めたら、
  フランスパンに切り込みを入れ、ミルクバタークリームを塗って出来上がり。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

00:22  |  クッキング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【荒井商店@新橋】

2009.06.17 (Wed)

昨日のペルー料理に行ったというブログをみて、
夫が今朝 「新橋行ったの?」 と。

そう、それほど有名なペルー料理だったみたい。

この 「荒井商店」 は。
こんな名前だけど、ペルー料理なのである。
シェフは、「オテル・ドゥ・ミクニ」で5年間修業を積んだ経験をもつ荒井隆宏さん。

まずはビールを
クスケーニャというペルーのあっさりしたビール
2杯目に頼んだ黒ビールの方はあま~かった。
090615荒井商店・ビール

インカコーラはコーラの味でなく、
不思議なことに、クリームメロンソーダの味。
090615荒井商店・インカコーラ

バナナチップ
090615荒井商店・バナナフライ
やや厚みがあって、
さくさくの歯ごたえを感じられる。
そして、絶妙な塩加減にこの後の料理への期待が高まる。

平目のマリネ
090615荒井商店・平目のマリネ
適度に冷えた平目は歯ごたえ味共になかなか。
辛味は強すぎず、酸味もバランスいい。
なにより、このアンデストウモロコシが・・・!!驚きの美味しさ。
芋のようなややねっとりした食感に、トウモロコシのフレッシュさがプラスされた感じで、
今までにない食感。

ペルーのコロッケ
090615荒井商店・コロッケ

中にはひき肉とオリーブの実が入っている。
090615荒井商店・コロッケ2
カリッと揚がったほっくほくのじゃがいもが美味しい。

たこの唐揚げサラダ
090615荒井商店・たこの唐揚げ
これは香草の香りが爽やか。

牛肉のトマト炒め
090615荒井商店・牛肉炒め

ほうれん草スパゲッティ
090615荒井商店・ほうれん草スパゲッティ
クリーミーなスパゲッティ。
ここら辺でもうお腹一杯

デザート
090615荒井商店・デザート
さつま芋とかぼちゃの練りこまれた揚げドーナッツ。
優しい甘みが感じられる。

・・・あ~、でも、やっぱり写真の色が悪い。
やはり、携帯カメラはシャープがいいのかも。

テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

22:41  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【ブラッスリー オザミ@丸の内】

2009.06.16 (Tue)

昨日はペルー料理に行ったのだけれど、
その前に、記憶が薄れかかっているので、
宝塚遠征前に、お仕事で知り合ったフードスタイリストさんと行った、
丸の内 AUX AMIS(オザミ) について。

プリフィックスコースは ¥4,500 と ¥5,800 の2種類。
それぞれ、 前菜、 メイン、 ケーキ、 飲み物 が選べる。
2種の値段の違いは、内容の違い。

私は¥4,500のコース。

前菜は うにのコンソメジュレ添え と ピクルス
090606オザミ・うに前菜
この、うに、美味しかった。
コンソメはクリアな質の良い味。
これが、濃厚でクリーミーなうにと抜群の相性。
ピクルスは優しい味付け。

メインは 根室産 真カスベ(ガンギエイ)のシェリービネガーソース
090606オザミ・メイン
このシェリービネガーソースも秀逸。
一口目にピッリとした酸味が感じられるものの、
それがすぐに消え、
その後に、奥行きのある爽やかな香りが広がる。
淡白な白身のエイとよく合う。

デザートは5種から選べるけれど、
タルト3種とリンゴのコンポート、クレームブリュレという品揃え。
こういうところのケーキは選択の幅が少ないのが残念。

私はオレンジタルト
090606オザミ・オレンジタルト
オレンジがフレッシュだけど、
タルトはまあ普通。

食後にはアートカプチーノが出てきた。 かわいい。
090606オザミ・カプチーノ

総じて、料理のレベルは高いと思う。
ビストロレベルより、明らかに上だと感じる。
でも・・・、前評判で聞いていた通り、
サービスが・・・
隣のテーブルでは料理を間違えてサーブしていたし、
私に対しては、予約日を間違えていたらしく、
予約日前日の7時にしつこく留守電が入っていて 
「7時半までにいらっしゃらない場合予約をキャンセルします」
と・・・

店内でも、ウェイター達の動きが慌しく、
注文にもなかなか気付いてもらえないことも。

レストランは、味と内装、雰囲気、そしてなんと言っても気持ちよく食事が出来るサービス、
全て揃ってこそ、幸せに満ちた時間を送れるんだと思うんだよな・・・。

そんな気持ちになってしまったので、
私の強い勧め(笑)で、食事後、私の好きな日比谷のホテルめぐりを2人でする。
ペニンシュラ、帝国ホテル・・・
お茶も入らなくらいお腹一杯だったので、
本当にただめぐって高級ホテルの雰囲気を楽しみ、
あちこちにある椅子に座って休んでから、
満足して帰りました。

 ↑ こういう、お得な満足方法もあるんですよねぇ。 高級ホテルっていうのは (笑)

テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

17:52  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

せっせと作る、30品の料理・・

2009.06.15 (Mon)

園山真希絵さんが、今度新しく本を出されるので、
昨日はそのお手伝いに。

真希絵さんと、アシスタント3人で、計4人。
作るべき料理30品という多さに少し驚いたけれど、
意外と作れるものなんだと思った。
090614そのやま撮影

いつも、いろいろと珍しいもの、美味しいものを頂く。

昨日は、この爾比久良(にいくら)という和菓子が美味しかった。
090614にいくら

周りの黄色い部分は黄身時雨のよう。
すごく口解けがよく、さらっと舌の上から消えてしまう。
中には、これまた口解けのよい漉し餡で包んだ大きな栗が
丸々一個はいっている。
090614にいくら2

こういう口解けのよい上品なお菓子は、
抹茶によく合いそうだな。
09:21  |  クッキング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

餃子パーティー・・丑三つ時まで

2009.06.14 (Sun)

昨日は病院勤務時代のお知り合いのお宅で餃子パーティ。

久々に小岩に降り立つ。
素敵なお宅は3階建て。

2階のリビングではすでに、ナースやMSWなど、
懐かしい面々が餃子を作ってくれていた。
遅れていった私は“食べるだけ”という、
まさに”おいしい”タイミング。
090613女川さんち・餃子

サラダもたっぷりで、おうちのパーティー感がある。
090613女川さんち・サラダ

3分付きごはんのおにぎりは、自家製からし菜味噌をつけて。
090613女川さんち・おにぎり味噌
この粒の立っているごはんの美味しさもさることながら、
味噌が美味しかった。
あ~、味噌をもらって帰ってこようと思ったのに、すっかり忘れた。

フルーツもたくさん。
090613女川さんち・フルーツ1

で、なぜ丑三つ時になったかって?
訪問看護ステーションのK所長が、
実はものすご~く、ディープーな宝塚ファンで、
ちょっと話をしていたら、
近くの自宅に帰って、
た~くさんDVDを持ってきてくださったのです。

それを観ながら、色々話していたら・・・・
ああ、終電が・・・
終電逃したなら、せっかくだから、
これも、これも観て行きなさいよ~!
みたいな感じで、
気付けば・・・・○時 (←夫に申し訳なくて書けないけど、いわゆる丑三つ時です。汗)

テーマ : きょうのご飯 - ジャンル : グルメ

22:49  |  その他  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【フルール@宝塚大劇場】

2009.06.12 (Fri)

2日目は、13時公演終演が16時。
そこから、18時開演の新人公演まで、ちょっと時間があったので、
大劇1階のカフェテリア、「フルール」でお知り合いの人たちと夕飯をとる。

私は すみれあんかけラーメン ¥700
スミレ は、宝塚歌劇の象徴的なお花

で、出てきたラーメンがこれ。
090609すみれあんかけラーメン

何がスミレかというと、紫のちょっと甘いゼリーが入っていた。
あんかけラーメンは普通な味。
値段の割りに、ちょっと麺の量が少ない感じ。

この、甘いゼリー、何で作ってるんだろ?
紫芋?
聞いてみようと思ったのに、
これから始まる新人公演への期待でドキドキわくわくしていて、
すっかり聞くのを忘れた。

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

17:34  |  レストラン(兵庫・宝塚周辺)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【サラ@宝塚】

2009.06.11 (Thu)

宝塚ではまあまあ有名なイングリッシュティーの喫茶店

ここで、今日初めて宝塚をみる友達2人と待ち合わせ、
宝塚と、今日観る演目 「エリザベート」 について予習(笑)。

ランチの マカロニグラタンセット ¥1000

まず、サラダ。
フレンチドレッシングが酸っぱくなくて甘くて美味しかった。
090608サラ・サラダ

グラタンは・・普通かな。
090608サラ・グラタン

店内はアンティーク風の調度品で揃えられていて、
女の子うけしそうな雰囲気。
話しているうちに、だんだん宝塚を見るんだという気持ちが高まる。

私も だんだん ドキドキ・・・
宝塚版エリザを生で観るのは初めて。

最後にアイスミルクティーを飲んだ後、
花の道をガイドしながら大劇まで歩いて行きました。

やっぱり、この街は素敵な街だ。

テーマ : Lunch♪ - ジャンル : グルメ

17:22  |  レストラン(兵庫・宝塚周辺)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【ベッカライビオブロート@芦屋 兵庫】

2009.06.10 (Wed)

パン好きには有名な芦屋のパン屋さん
「ベッカライビオブロート」 へ。

何故急に、芦屋って?
そりゃ、芦屋・・兵庫県・・といえば・・・
そうです。
宝塚に行くついでです。

朝一の便で8時に伊丹空港に着く。
そこから、芦屋へ。
間違って、急行に乗りそびれたりして、
それでも、9時半にお店にたどり着く。

ここは、有機栽培の厳選された小麦などの原料を使っている。
090608ベッカライビオブロート

美味しそうなパンがケースに並ぶ。
シナモンロール、レーズンパン、全粒粉パンなどを購入。

観劇の合間に友達と食べる。

生地が優しい甘みに満たされていている。
個性の強さはそんなになくて、
万人受けしそうな美味しいパンだった。

テーマ : パン - ジャンル : グルメ

23:29  |  パン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【鰻弁慶@御徒町】

2009.06.08 (Mon)

20090608063316
日曜日は夫&友人達と4人で目白でテニス。
その後、その友達の自宅でシャワーを借り、
なんだかんだあって、友人のご両親も一緒に、
上野の阿修羅展に行くことに。
阿修羅展は最終日であったみたいだ。
行きたいとは思いつつ、予想以上の大盛況で
おしくらまんじゅうの会場を想像して足が遠のいていたのだ。 
阿修羅は…確かに、すごく綺麗な少年の顔をしていた。
その阿修羅像の周りを時計回りに小刻みに回転している日本人の群集が、
敬虔な信者に見えて面白かった。

阿修羅展の後は皆で鰻を食べに行く。
老舗、御徒町の「鰻弁慶」

テニスではらぺこだったので、
ペロリと平らげてしまった。

ご馳走様でした。
06:33  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【ユーハイム@千駄ヶ谷】

2009.06.06 (Sat)

日本青年館で花組の「オグリ」を見て、
友達と千駄ヶ谷駅前のユーハイムで少し遅いランチをとる。

ランチセットは煮込みハンバーグ950円に +200円でパンセットを。
かごに入った数種類のパンが運ばれてきて、その中から食べたいものを選ぶサンマルク方式。
090531ユーハイム
単純な感想としては、ユーハイムって丸の内のパンはどれもおいしくて、
さすが、志賀さん!という感じなんだけど、
なぜか、このかごで運ばれてきたパンはどれも・・・あれ?っという感じ。
クラムの味わいもなければ、クラストもパリッとしていないし・・・。

ハンバーグは・・・
090531ユーハイム・ハンバーグ
うーん、普通のデミグラスソース風味の煮込みハンバーグ。
デミグラスもハンバーグも特に驚きがない。

舞台に関しては・・・
そうだなぁ。
なんか地味だったな。全体的に。

そうそう、最近1年ぶりに書道に行った。
1年前というと、宝塚に本格的にはまり始めた頃だ。
そうか、いろいろと増えた趣味の中で、端に追いやられたものもあるんだな。
いくらやっても、一向に上達しない書道とかね。
でも、すぐにあきらめるのは私の悪い癖・・・。
少し時間も出来たし、また書道もマイペースでやっていこうっと。。

テーマ : 今日のランチ! - ジャンル : グルメ

23:40  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【 ianak!(イアナック)@西日暮里】

2009.06.04 (Thu)

なんだかんだいって、うまくレールに乗り始めたのだろうか?
ありがたいことに、仕事をいろいろ頂けるようになってきた。
自分のやりたかったフードの仕事なので、
忙しくても、うまくいかないことがあっても、
やっぱり楽しい。頂ける仕事の1つ1つが嬉しい。
それに、フリーで働くのって、私向きなのかもしれない。

そうそう、驚いたのは、
今日現場に居合わせたフードコーディネーター、スタイリストの総勢5人が
皆、細木数子先生の言うところの、 霊合星人 だったこと。
霊合星人てのは6人に1人の割合だから、
えーっと、確立で言うと、1/6×1/6×1/6・・・あ~面倒で計算できないけど、
すごい確立だよね。
霊合星人って確か、波乱万丈な人生・・・を送るんだったよな。

確かに、一般の社会人の中に入ると、「変わった人」というレッテルを貼られる私ですが、
この方々は、みんな個性的なので、
私の個性もさりとて他より目立たなくなった気がする。
来たるべくして、来た道なのかも・・・と思うと、ちょっとドキドキした。

仕事の帰りに西日暮里のパン屋さん
「 ianak!(イアナック)」 に寄る

久々のハード系パンにウキウキして、いろいろ購入。
まず手前から時計回りに、
ミルクフランス・・・濃厚ミルクの優しい甘さと、
           バリッとしてクラムに味のあるフランスパンの相性は抜群。
いちじくりパン・・・いちじくと栗が入ったカンパーニュ。カンパーニュの素朴な甘みが、
          ごろっとした大粒栗と、ドライいちじくの甘みと酸味で引き立つ。
          残念なのは私の好きないちじくが少なかったことかな。
チーズカレーパン・・・はずれではないけれど、普通のカレーパン。
くろカンパーニュ・・・ココア配合でこんなに真っ黒なパンが!?
            でも、一口ほおばると、優しいかすかなパン生地の甘みがあるだけで、
            そんなに甘くないパン。ハードパン特有のクラストのパリッと感、
            クラムのぎっしり感が感じられるカンパーニュ。
クロワッサン・・・ここのは高さが高め。その分、しっかりとパイ生地が膨らみ、
          ほうばるとぱりぱりっという音と共に、良質バターのフレッシュな香りが広がる。
090602イアナック

私のベストパンは、いちじくりパンかな。
カンパーニュってこんなにもじんわり甘く、クラムがこんなにもしっとりしているんだ~。と。
090602イアナック・いちじくりパン

あ~、久々に明日は早朝の生放送の仕事が入っていないので、
少し寝坊が出来る。
嬉しい ~ !!

テーマ : パン - ジャンル : グルメ

01:42  |  パン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【モンシュシュ@銀座松坂屋】

2009.06.03 (Wed)

中央通りにあるデパートの地下街をすごくうろつきまわった。
新橋の方から、松坂屋、三越、松屋・・・と。
美味しそうなパンやお菓子を見るのも目的だけど、
一番の目的は、製菓材料探し。

しかし、、無いもんだね。
製菓材料って。
昔、神奈川の実家に住んでいたときは、
町田に富澤商店という、種類豊富な上に、安いという製菓の超優良店があって
(富澤商店は今ではあちこちのデパートにも入るようになったけど・・・)、
すごく便利だった。

結婚してから数年間は家にオーブンも無かったので、
実家にいた頃の週末の趣味であるお菓子作りから遠ざかっていた。
でも、最近またお菓子作りに燃えている。
一度始めると、やはり楽しい。
粉と卵とバターがいろんなものに変化するのだから。

でも、うちの近くでは良い製菓材料店が無いのが残念。
銀座デパ地下歩きに疲れ、
結局、モンシュシュの話題の堂島ロールを買って帰る。

0906031堂島ロール

初めて食べた。
確かにクリームが濃厚でクリーミーで美味しい。
でも、あの行列の意味はわかんない。
デパ地下なんて他にも美味しい和菓子、洋菓子店が
ひしめいているのに。。。

それから、最近(まあ、もうず~っとかな?)こういう濃厚生クリームを
大福でも、杏仁豆腐でも、なんにでも入れていて、
しかも、そういうのだけが人気になっていくという、
ブームの傾向はちょっと・・・?と思う。

もっと、しみじみ美味しいものっていっぱいあると思うんだな。
00:00  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。