スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【シャヒ・ダワット@小川町】

2009.07.30 (Thu)

友人達が御茶ノ水に水着を買いに行くというので、
ついていって、ついつい自分も買ってしまう・・・。

そして、そのまま小川町のインドカレー屋さん
「シャヒ・ダワット」へ。

ここはタンドリー釜で焼く本格的なビリヤニが食べられることで有名。

オレンジのカレーは バターチキン
グリーンのは ほうれん草とインドチーズのカレー
奥のナンは 左が チーズナン、 右は普通の ナン
090729シャヒ・ダワット・カレー
ナンについては、小岩のサンサールの方が美味しかった。
でも、カレーはなかなか丁寧な味付け。
ほうれん草とインドチーズカレーの方は、
ホールクミンが香ばしかった。

待っていました。
ビリヤニ。

注文から30分と聞いていたけれど、
15~20分くらいで出てきた。
090729シャヒ・ダワット・ビリヤニ

090729シャヒ・ダワット・ビリヤニ2
ふっくらしたご飯と、柔らかくジューシーなチキン。
スパイスは日本人好みで、本場インドのものより控えめだけれど、
それでも十分な味付け。
噂どおり、都内随一のビリヤニでした。


このヨーグルトサラダと一緒にビリヤニを食べるといいよ、
とメニューに書いてあったので、
一緒に頼んでみました。
090729シャヒ・ダワット・ヨーグルトサラダ
ただ、これも本場インド風でけっこう酸味が感じられる。
私はビリヤニはその飯食べる方が好きだな。

お腹一杯になってしまい、
ビリヤニをちょっと残してしまったのが心残り。
また、行こうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : カレー - ジャンル : グルメ

17:11  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【炭火焼肉 寿恵比呂@錦糸町】

2009.07.28 (Tue)

ビーチ相撲の次の日は、
ひりひりする日焼けの足を、無理に、
タイトなジーンズにね~じ~こみ~♪
早朝6時から仕事に行きました。

しゃがむたびに、日焼けた膝裏とジーンズが擦れて、
”ひ~”と、心の中で叫びながら仕事しました (汗)

仕事から帰ると2時半。
有給をとって家にいるオットに焼きそばを食べさせ、
爆酔・・いや違った、 爆睡しました。

起きるともう夕方。
さっき、昼ごはんを食べさせたオットが傍らに座り、
「お腹すいた・・」と。

どんだけ燃費が悪いんだ・・!

こういう時は、
もうちょっとエコな商品に”エコ替え” してしまおうか、
という思いがチラッと頭をかすめる(笑)。


で、オットが焼肉を食べたいと言うので、
錦糸町の「寿恵比呂」へ。

やっぱ、暑い夏にはよく冷えたキムチとビールだね。
090727寿恵比呂・キムチ

中おちカルビとハラミ
090727寿恵比呂・カルビ
やわらかくてジューシーだ。

レバ刺し 
090727寿恵比呂・レバ刺し
一皿 ¥893と、まあまあいいお値段。
でも、味もまあまあいける。

冷麺
090727寿恵比呂・冷麺
麺はしこしこしてるけど、
ちょっと味が物足りなかった。

牛スープ
090727寿恵比呂・牛スープ
これは美味しい。
牛骨と身の旨みがよく溶け出したスープ。
疲れがとれそうだ。

焼肉はやっぱり久々に行くと、
すっごく満足する。

テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

19:25  |  レストラン (両国・錦糸町)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ビーチ相撲大会 2009 in 猿島

2009.07.27 (Mon)

ピーカンのお天気の中、
ビーチ相撲 ’09 が 横須賀の猿島ビーチにて開催されました。

前日までの曇り・・または雨かも・・?的なお天気予報の噂はどこへやら?
射るような日差しの中、
皆、かなり夢中になって相撲をとり、
大いに盛り上がりました。
090726ビーチ相撲・集合

あっ?私?
当初、ちゃんこ番の手伝いのみの予定が、
人数調整の為に急遽参加することに!
で、、結果は2勝1敗です。
最後は、防衛大の相撲部1年生の方に負けてしまいました。

でも、、、本格的に相撲をやっている女子と初めて対戦し、
「あっ、意外と相撲って頭脳プレイなんだなぁ。楽しいなぁ。」
と思ったのです。

でも、オットに言ってみたら

「えぇ!? 夫婦で相撲やってるなんて、恥ずかしいからやめて!」

と、一蹴されてしまいました。


まあ、なにはともあれ、
昨日の私にとってメインはちゃんこ作りだったわけです。
090726ビーチ相撲
この鍋2個分を作りました。
100人前以上!!

手伝ってくれたフードのお友達の、
見事な動きに感動。

そして、オットの同期のちゃんこ番の方々は、
いつもながら、ほれぼれする仕事振り。

こんな大勢のお客をさばいて、
すっかりくたくただけど、
でも、楽しかったなぁ~。
21:17  |  クッキング  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

【エーグル・ドゥース@目白】

2009.07.25 (Sat)

目白の「エーグル・ドゥース」へ。

で、いくつかケーキを買ったんだけど、
ホールのガトー・バスクを自分用とおもたせ用に2つ買った。
090724エーグル・デゥース、バスクケーキ
エーグル・デゥース って、本当に丁寧にお菓子を作っているんだなあ。

よく冷やしたガトー・バスクは、
中の生地からカスタードが染み出てくる。
外の生地はバターの香りが豊かに香ってくる。

でも、良く考えたら、
こんなに暑い日々に、ガトー・バスク をおもたせにしてしまって後悔。。。

こんな夏には、
ゼリーとか、アイスとか、せめてシュークリームとか
スッと食べられるものがいいよね。

なんて、気が利かないんだ・・わたし・・
反省・・・

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

23:32  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【月の雫@銀座】

2009.07.24 (Fri)

昨日はご贔屓さん主演の新人公演!

は~・・とても良かった。
良い舞台だった。
最後の舞台挨拶も、ご贔屓さんが涙で声を詰まらせた時、
こちらまでうるうるしてしまった。

で、ファンの方々とみんなで打ち上げ?
去年と同じ
銀座の 「月の雫」 へ。
090723月の雫

次の日も早朝から仕事と言うのに、
ついつい終電近くまで話して盛り上がってしまった。

あ~気持ちを切換えて、
仕事、仕事!

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

10:33  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【群林堂@護国寺】

2009.07.23 (Thu)

昨日は園山さんの雑誌撮影のアシスタントでした。

090722女性自身撮影
撮影後には、いろんなお菓子を囲んでみんなで休憩。
Tohatoから新しく出る「マンモスの肉」を食べてみました。
けっこうしっかりした食べ応え。
おつまみでもいいかもね。

右にあるのは撮影で作ったマーボー茄子です。

帰りに1人で駅まで歩いていると、
群林堂を発見!
豆大福で有名なお店ってことで、
あちこちの本や雑誌で名前を知っていたけれど、
ここにあったんだ~!
と感動して店内へ。

もう5時だったからか、
お店に残っているのは豆餅と鹿の子だけ。

090722群林堂

豆餅はふっくらした豆のぷちっとはじける噛み応えがなんともいえず癖になる。
鹿の子もしっとりした上質の餡がほんとにおいしかった。

上の二つが組み合わさると、豆大福になるんだろうか?
そうしたら、すっごく美味しいだろうな。

来月の撮影の時には、ちょっと早めに行って、
豆大福を仕事前に買っていこう。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

16:11  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【パルテノペ@横浜駅】

2009.07.22 (Wed)

前回は恵比寿のパルテノペへ行ったんだけど、
今回は横浜駅の駅ビルの中にあるパルテノペ。

高校時代の友人4人で、
やはり大盛り上がり。
そして、2/4人が妊婦という、
まさに出産ラッシュ。

ん? なんだか私は乗り遅れたようだ・・・

青海苔のフリット
090721パルテノペ・青海苔のフリット
やはり青海苔煎餅の味がする。

前菜3種盛り
090721パルテノペ・前菜3種盛り
緑オリーブと、グリッシーニ風のカリカリの細いパン、
それから左は高菜付けのような葉物が、ややカリカリの薄いパンに挟まれたパイみたいなもの。

ポルチーニ茸のクリームソース和えパッケリ
090721パルテノペ・ポルチーニ茸のクリームソース和えパッケリ
このポルチーニ茸の香り豊かなクリームソースは、
くどくなくて美味しいこと!
パッケリという太目のリング状のパスタによく絡めて食べると、またさらに!

ピッツァマルゲリータ
090721パルテノペ・マルゲリータ
ここの、ピザ生地はやっぱり美味しい。
歯ごたえ、香り、味わいの深さともに、
かなり本格的。

子羊のグリル
090721パルテノペ・子羊のグリル
柔らか~い、マトンのグリル。

デザートは皆それぞれたのんで、いくつかを回し食べしました。
090721パルテノペ・デザート海老パイ

こういう、回し食べとか、
いちいち確認しないでいい掟の決まった仲間ってのは、
いつ会っても楽しいものです。

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

23:36  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

【菓楽@銀座】

2009.07.20 (Mon)

昨日ようやく、
夏物バーゲンに参戦できた。
阪急では海外ブランドのジーンズが半額に!
仕事柄、最近はもっぱら平日はジーンズとヒールなしパンプスというスタイル。
なので、生活必須品となったジーンズは2着購入。

友達と銀座でお茶をした。
松屋の近くの
「菓楽 (からく)」
というお店。

スープ&サラダセット ¥1,050
090719銀座菓楽
スープはビシソワーズ
パンは少し固めのオリーブパンと、ロールパン
それに、自家製のジャム2種(ブルーベリー、マンゴー)+はちみつ
あと、泡立てて柔らかくなったバターがつく。

ビシソワーズは冷たくて、まろやかなクリーミーさで美味しかった。
パンは、焼き立てで持ってきてくれるのが嬉しいけど、
特別美味しい!ってほどでもないけど、不可もなく・・ってかんじ。

デザートには 石窯オレンジスフレ ¥945
090719銀座菓楽・オレンジスフレ
これは、オレンジカップで可愛かったけれど、
量が少ない。

オレンジカップで焼いているからもあるかもしれないけれど、
肌理もやや粗かった。

17時ごろに帰る時、
有楽町駅付近で、人々が東の空を見上げて写真を構えているなぁ、
と思ったら、なんと空に綺麗な虹がかかっていた!

思わず、虹に見とれて、
それからなぜか、お願い事をしてみたけれど、
後から考えると、流れ星ならわかるけど、
虹って願いをかけるものなんだろうか?

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

13:30  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【ベッカライ ブロートハイム@桜新町】

2009.07.18 (Sat)

桜新町の「ベッカライブロートハイム」へ

ここは、その名からもわかるとおりドイツパン
090716ベッカライブロートハイム

手前から時計回りに

ミルククリーム、カイザーゼンメル、レジャンデール
レーズンブレッド、カンパーニュ・コンプレ

評判の高い店なので期待していたんだけど、
どれも、期待ほどの味ではなかった。
クラストのパリパリ感、香ばしさもいまいち押しが弱いし、
クラムの味わいもそこまで感じられない。

唯一、気に入ったのはけしの実がまぶされた、
写真中央のカイザーゼンメル。
クラストとクラムの境がなくて、
クラムもややかりっとしている。
けしの実の香ばしさも食欲をそそる。


ところで、今日、
人生の分岐点ごとに配置された、究極の2択に見事でくわしてしまった。

とあるお仕事で知り合った先生から、
新しいお仕事のアシスタントに誘われた。
すご~い有名なお仕事でビックチャンスの糸口なのかもしれない。
(↑ べつに、そうじゃないかもしれないけど・・汗)

しか~し、来週のその日は
心底、待ちに待った、
しかも、数ヶ月も前から予定が入らないように死守しておいた、
宝塚のご贔屓さん主演の新人公演の日!

あぁどっかにいる神様!
なぜまたそんな難しい2択を私に迫るのでしょうか。


・・・で結局、折衷案として、
ぎりぎりの時間(6時くらい)までは仕事が出来ることを伝えてみました。

仕事の依頼が来るかどうかはわかりませんが・・・

果たして、この選択が正しかったかどうかは、
きっと少し後になってからわかることなんだろうなぁ。

う~ん、人生て悩ましいもんです ( ̄~ ̄;)

テーマ : パン - ジャンル : グルメ

23:16  |  パン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

公演デザート 「白と黒の輪舞」 @ 東京宝塚劇場

2009.07.17 (Fri)

「白と黒の輪舞」 ¥380

これが、先日書いた”もう少し頑張ってほしい” 公演デザートです。

東京宝塚劇場では、
毎回の公演にあわせて、
公演デザート なるものが販売されているけれど、
今回のエリザベートでは、
劇中歌 「愛と死の輪舞」 にかけて、
「白と黒の輪舞」という名前のゼリーである。

写真だと見にくいけれど、
白いミルクプリンの中にさいころ状の珈琲ゼリーが入っている。
上にはチョコレートソースがかかっている。
090712黒と白の輪舞

ミルクプリンも、珈琲ゼリーもすごく普通の味。
それにかかっているチョコソースは甘ったるいだけのお子様仕様。
このチョコソースがあまりにもたっぷりかかっているので、
プリン全体がこの美味しくないチョコソースの味になってしまった。

確かに、色合いは白から黒に染まっていく・・・かもしれないけれど、
この味はあんまり!
これで380円てのも・・・
コンビニスイーツを見習ってください。。

にしても、今回のエリザベート、
意外に仕事が忙しくてあまり行けないなあ。
でも、1公演を何回も見すぎると、
途中、集中して見られなくなるので、
私にはこれくらいがちょうどいいようにも思う。

明日も仕事!
がんばろっと。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

00:26  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【松蔵ポテト@錦糸町Monthly Sweets】

2009.07.15 (Wed)

錦糸町のJR駅ビルに、
Monthly Sweets なるショップがある。
月代わりで、話題のスイーツ屋さんが出店する。

今月は松蔵ポテト

090714松蔵ポテト
写真は手前から時計回りに
 ・ 皮付きスイートポテト ¥231/100g
 ・ ポテコロ ¥126
 ・ ブッセラ ¥178
 ・ 夏ポテ  ¥178

えーと、どれも似たような味だった。
期待しすぎたのか、
どれも、まあ普通のスイートポテトだった。
もうちょっと生クリームのクリーミーさが感じられた方が美味しいと思う。

やっぱりスイートポテトは 良三さんちのスイートポテト がいちばんだなぁ。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

13:37  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【七草@下北沢】

2009.07.14 (Tue)

フードの先輩方とまたもやお食事。
今回は「七草」という野菜中心の隠れ家的な落ち着いたお店。

先輩のお勧めのお店だったわけなんだが、、
時間に遅れた私、先輩方2人を40分も待たせてしまった(汗)
それには、ふか~いわけが・・・。
まあ、気を取り直して、

まず、紫蘇とじゃが芋のすり流しスープ
090709七草・紫蘇とじゃが芋スープ
暑い日には、こういうひんすり流しのひんやりさと、
紫蘇のようなさっぱりとした薬味が身体に染み渡る。
味は塩味は控えめでも、出しがきいていて美味しい。

金糸瓜、胡瓜、わかめのおひたし
090709七草・糸瓜、わかめ、胡瓜のおひたし
う~ん、冷えた野菜の美味しいこと。

こちらは里芋を湯葉で包んで揚げびたしもの
090709七草・豆腐餡
湯葉の香りと里芋のもちもち感。
薄味の餡にはしっとりとした茄子がはいっている。

とまとと紫キャベツの煮びたし
090709七草・とまと酢漬け
つんとこない優しいお酢の味が、とまとと紫キャベツの甘みをぐんと引き立てていた。

おおっと、話に夢中で、これなんだったか忘れた・・・
混ぜご飯と、手前がとうがらし、葉とうがらし、冬瓜などの野菜の田楽だったとおもう。
090709七草・ごはん

枝豆
090709七草・枝豆
これが美味しかった。
綺麗に焼いてあって、
パリパリした食感と絶妙な塩加減。

コーンの揚げびたし
090709七草・コーンの揚げひたし
甘いコーンが出しの塩みとあいまって、本当に甘かった。

なんと、こんな最後の方になって黒酢豚が登場!
090709七草・黒豆
今まで薄味だったからか、
ややしょっぱく感じた。
でも、これで、すぐにお腹空かないですむだろうと、確信をもてた。

最後に黒米のお茶漬け?
090709七草・黒米
さらさら~と食べられる。

デザートは白玉の寒天寄せ
090709七草・デザート

食いしん坊の私でも、
まあお腹が一杯になった。
なんと言っても野菜が美味しく食べられる店って、
素敵だなと思った。

ここの料理を食べただけで、
身体の疲れが癒されそうな気分になるのは私だけ?

女性にはとてもお勧めです。

うちのオットのような大ぐらいには向きませんがね・・

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

12:45  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

酔って帰った次の日、銀幕デビュー!?

2009.07.12 (Sun)

先週金曜日は早く仕事が終わったので、
友達とのみに行くことに。

代々木で待ち合わせるけど、
もちろんこんな飛込みでは”はな金”のなりたが空いているはずもなく・・
でも、じゅんさんにムリ言って、
友達が仕事を終え、代々木に着くまでに、
ワインを2杯だけ飲ませてもらう。
白ワインはこれ。
シャルドネで、爽やかだけど、後味にはちみつのような甘みがあった。
090710なりたワイン
お隣にいらした、音楽関係の会社の社長と美人社員さんの席にいつの間にか混ざりこんで、
お料理も頂いてしまった・・・

その後、友達がやってきたので、お向かいのお好み焼きやさんに行った。
こちらは普通なお店だった。

で、その次の日はなっ、なんと、
オットと2人、銀幕デビューしてしまった!

なんだか、アカデミー賞受賞監督が、
次回作のドキュメンタリー映画で「相撲プロジェクト」なるものを掲げて、
相撲好きの若者へのインタビュー風景を撮りたいというので、
オットにオファーがきたらしい。
090711相撲プロジェクト

ついでなので(笑)、私まで出てしまいました。
10:50  |  その他  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「日比谷通い」 始めました 【ファーストキッチン@日比谷】

2009.07.11 (Sat)

「冷やし中華」 始めました

風に言ってみました。

え~と、、、日比谷通い・・・ということで、
そうです。
月組公演が始まりました。

昨日はファーストキッチンでモーニングです。
090711ファーストキッチン

いちご白玉クリームぜんざい ¥280
090711ファーストキッチン・クリーム白玉あんみつ
この値段だけど、
ふつうにアイスクリームはクリーミーで、
餡もとろーり甘くて、
白玉もちもちで美味しかった。

この値段でこの内容・・・と思うと、
宝塚劇場内の公演のテーマごとに変わる、
公演デザートはアイデア、味、値段ともに、
もう少し健闘して欲しいものだ・・と思う。
15:17  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【墨繪(すみのえ)@新宿】

2009.07.10 (Fri)

新宿の地下、メトロ街にある「墨繪」にパンを買いに行く。

手前は ナポリのパイ(カスタード) ¥180
パン生地とパイ生地が層になっていて、サクッ&しっとりの食感が面白い。

奥は左から いちじくパン¥280、 ベリーベリーパン¥190、 チーズパン¥180
090707墨絵
いちじくパンだけ粒状の麦が練りこまれている。

ここのパンは皮がバリッとした専門店ぽいハードパンであるのに、
クラムは柔らかくてやさしい甘みで、街のパン屋さんという雰囲気の二面を持ち合わせた味。

どちらにしろ、
このバリッとした噛み応えしっかりのクラストと、
クリーミーなふわっふわクラムは黄金の組み合わせ!
いくら食べても飽きない。

夢中で2個、ぺろりと平らげました。

チーズパンは、中から噴出してかりっかりになるまで焼かれたチーズが絶品。
値段も安いし、かなりお買い得なパンです。

テーマ : パン - ジャンル : グルメ

16:48  |  パン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【佐人@銀座】

2009.07.09 (Thu)

朝の仕事を終えて新橋に着くと14時半。

以前からずっと行ってみたかった銀座の煎茶の喫茶店
「佐人」 にてくてくと歩いていく。
けっこう迷って30分近くかかった・・・

頂いたのは、お勧めの鹿児島の煎茶
お菓子がついて1500円
090708佐人

とろっとした煎茶は口に入れた瞬間から、
ゆっく~りと、深い甘みが口に広がる。

常連のマダムなおばさまたちや、
気さくな大阪弁の店主の佐々さんと盛り上がり、
3時間近く長居してしまった。

また、仕事帰りに行きます。

テーマ : お茶 - ジャンル : グルメ

17:14  |  喫茶店  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

両国寄席にいってみよう

2009.07.07 (Tue)

仕事から帰ってきて、
やっぱり甘いものが食べたくて、
とし田さんに寄ると、
両国寄席のチラシ発見。

なんとなく眺めていたら、
お店の奥さんが、
「あら、興味あるの?」
と言って、チケットを2枚くれた。

今度行ってみよう。

暑かったので、冷たい水大福と梅くず餅を買った。
090628とし田・水大福、梅くず餅

オットに残しておこうと思ったのに、
気付いたら二つとも食べていた。
 ↑ 確信犯ですけど (・・ )   ( ・・)

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

23:18  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ペニンシュラホテル’s ケーキ

2009.07.06 (Mon)

またもや神奈川の私の実家で誕生会。

ケーキ担当の私は、
今回はペニンシュラホテルのケーキを買っていった。
090627ペニンシュラホテルケーキ2

私はミルフィーユを食べた。

ミルフィーユって、柔らかいクリームと硬いパイ生地との一体感を出すのが難しいと思う。

このパイ生地は、5mm程度で軽く、さくっと割れるのにも関わらず、
パリパリとした歯ごたえもしっかり楽しめる秀逸なミルフィーユ。
柔らかいカスタードクリームとの一体感は抜群。
味も、カラメルのビターさが濃厚バターの風味によいアクセントを与えていて、飽きない美味しさ。

カスタードはバニラビーンズの香り豊かでとろける柔らかさ。

なかなかハイレベルなミルフィーユだった。

私的にはクリームとの一体感に不安のある
ピエールエルメのミルフィーユより好きだと思った。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

20:56  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

お父さんの還暦祝い @ わが家

2009.07.05 (Sun)

最近、懐石料理を勉強しています。
茶道のお正月行事である「初釜」では
いつも、美味しい懐石料理が出てくる。
いつか、懐石料理を勉強したいな・・・と思ってたんですね。

で、最近ようやく時間も出来たところで、
オットのお父さんの還暦祝いの話があったので、
思い切って“なんちゃって”懐石料理を四苦八苦して作ってみました。

本を読んでいると、
懐石というのは奥深くて、
日本人のおもてなし精神の原点に通じるものがあるんだろうな~と思います。

あっ、ちなみに懐石とは、
よく結婚式とかの宴会で出てくる会席料理とはちょっと異なります。

「懐石」 は 茶道の世界で 
もとい、一杯のお茶を楽しむため、その前にする腹ごしらえ?
のような意味合いから発展した料理でしょうか?
現在でも、正式なお茶会ではこの「懐石料理」を楽しんでから、
お茶を頂くという流れになります。
ちなみに、高級な料亭や割烹だとこの「懐石料理」形式で出てくることも多いですが、
料理屋さんで食べる「懐石料理」とお茶会での「懐石料理」も、
順番や内容がちょっと違うのですが、、
そこまでいくと詳しくなりすぎる上、まだ知識不足なもので・・・。

一方
「会席」 は もとい連歌や俳諧の席で楽しむ料理で、
お酒を美味しく飲むための料理です。
冠婚葬祭とか旅館での料理なんかはこっちの方ですね。
日本食店でもこっちの「会席」形式のことも多いですね。

まず、
ご飯 : 鯛めし (←懐石では本当は白米です!今回はおめでたい席なので勝手にアレンジ)
汁  : 合わせ味噌 花茗荷 刻みゴマ 三つ葉 (←三つ葉が沈んでる・・撮影って難しい)
090704加形家宴会・鯛めし&汁

向附 : 鯵のお造り 穂じそ わさびバルサミコ醤油 (←このタレは万能だれ!レシピは下に)
      かんぱちのお造り スイートチリソース (←これのレシピも下にあります)
090704加形家宴会・向付
 う~ん、 本当に刺身の盛り付けって難しい。
 勉強せねばなぁ  ( ̄~ ̄;)

椀盛 : 清まし仕立て 海老ひろうす 新ごぼう にんじん
090704加形家宴会・椀
 あとで味をみたらちょっとしょっぱかった。
 急に1人参加することになり、慌てて1人分増やした時に塩を入れすぎたみたい。
 本当に塩梅ちゅうのは難しい・・・

焼き物 : もも豚 茹でそら豆 金山時みそとにんにく醤油の合わせたれ(←このレシピも下記です)
090704加形家宴会・焼き物
 あっ、ちなみに、懐石料理に普通、肉は使いません。。 汗
 だけど、オットに、「懐石料理作るんだけど、何食べたい?」と聞いたら、
 「肉!!!」 といわれたので・・・(ー_ー )
 それから、そのオットに撮影を頼んだら、これ、上下が逆でした・・・

御菜 : 坊ちゃん南瓜 卵豆腐 蕎麦の芽
090704加形家宴会・お菜

菓子 : 杏子わらび餅
 ↑ これも手作りしました。
でも、写真は撮り忘れました・・・

8人前の料理を作って次々に出すのには、
もう少し広いキッチンが必要かもしれないなと思いました。
でも、手順をもっとよく考えて、慣れれば、もう少し手際よくなるのかな。

*******************************************************
【バルサミコ醤油】
バルサミコ 100cc
醤油     100cc
砂糖     大4
(わさび   小1)

上記材料を全て鍋(テフロン加工の鍋かフライパンがベスト)に入れて、中火で5分煮詰める。
トローリとして酸味が飛んでまろやかになったら出来上がり。
お好みで硬め&甘め&酸味を飛ばすならさらに5分煮詰めてもOK。

わさびを加えて煮詰めると、まろやかな辛味が加わってまた違った美味しさ。

 ⇒ このたれは生野菜にも、刺身にも、肉にも合う万能ダレです。

【スイートチリソース】
砂糖     カップ1/2
水      カップ1/2
酢      カップ3/4
ナンプラー カップ1/4
赤唐辛子 3本 (種ごとあらみじん切り)

上記材料を全て合わせて鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。

 ⇒ 因みに私は記憶力が悪いので(;-_-)  
   よく作るたれなんかは、わかりやすい分量にしています。
    上記の場合、
       砂糖+水 = カップ1
       酢  + ナンプラー = カップ1 
    ですので2つを一緒のカップで測ると便利です。

【金山時みそ】
金山時みそ  大さじ 2
にんにく醤油 大さじ2 (なければ醤油 大2 + すりおろしにんにく 1かけ)
砂糖      大さじ2

つまり、全て同量です。それを混ぜるだけ。

 ⇒これも生野菜、サラダ、肉、焼き魚・・・なんでも合います。
   夏向きなさっぱり、すっきりなタレです。

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

08:54  |  クッキング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【松玄@恵比寿】

2009.07.04 (Sat)

恵比寿 「松玄」 で、お仕事のミーティング。

 ↑ なので、 写真は一番最初の前菜をパシャリと撮っただけ。

雰囲気的に、写真を取れる感じではなかったのです・・・。

前菜は右手前から時計回りに
じゅんさい、古代米粽、鎌倉野菜の味噌和え、揚げ物は・・あられ衣のコロッケ風だったなあ(忘れた)。
090702松玄
鎌倉野菜が、色鮮やかで、ひんやりしていて、小粒ながらどれも甘くて美味しかった。

あとは、山形牛の“ざぶとん”という肩ロースの下半分の部分の刺身。
これが、ロースのようなさくっと噛み切れる柔らかさ。
霜降りの脂身は口の中ですーっと溶けていく感じ。

自家製豆腐のフカヒレ餡 
自家製豆腐は大豆の味わいが濃厚。
フカヒレ餡も薄味で女性好み。

この松玄さんはもとい、蕎麦屋さん。
ようやく蕎麦が登場・・・と思いきや・・
冷やし坦々麺の麺が蕎麦になって出てきた。
これは・・・可もなく・・・という感じ。
やっぱり坦々麺はあの中華麺の卵味とこしの強さで食べるのが一番かも。

そのほか、黒豆五色納豆とか、トリュフ土鍋ご飯とか出てきたんだけど、
ちょっとお洒落なアレンジ品になると、
見た目や、お洒落感は女性にいいのかもしれないけれど、
味としては、平凡な感じになってしまっていたのは残念。

デザートはわらび餅やら、マンゴープリン、イチジクのコンポート、レアチーズケーキ etc・・・
綺麗で美味しそうなものが数種出てきて感動。

なんだけど、真面目~なお仕事のお話になってしまい、
甘い物好きの私だけれど、
大切なお話を神妙にお伺いしなければならず、
無邪気にデザートを食べるような KY なことは出来ず、
結局あんまり手を伸ばせなかった。

そういえば、最近西友が I Love KY (K=価格 Y=安く)
と宣伝してるけど、
しかも、「I Love KY」のロゴエコバックまで出しているけれど、
あれって、ちょっと微妙だなと思うのは私だけかな?
ここまで広く 「KY = 空気読めない」
という言葉が巷に流布しているのに、
あえて 「私 KY 好きです」 というバックをぶら下げて歩く人はいるんだろうか?

テーマ : こんなお店行きました - ジャンル : グルメ

20:15  |  レストラン(恵比寿・広尾界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

朝から晩まで大工仕事~♪

2009.07.02 (Thu)

昨日は朝から晩まで大工仕事してました。

え~と、引っ越した我が家の新居(←とはいえ、超古い家ですが・・)は
とっても古い構造で、
寝室にはクーラーがない。
室外機も置けない。
ウィンドウクーラーを買ったけれど、
なんと、窓には鉄格子の柵がついていてクーラーを取り付けられなかった!!

大変!! 人一倍暑がりのオットが、
夏を越えずに溶けてしまうではないか!!

ということで大屋さんに交渉し、
柵を切ってもいいことになった。

しかし、ここからが大変。
ペンキに埋まった頑丈なねじ10本を、
ペンキを溶かしながらねじり取り、
木の柵をのこで切る。

お腹がすいたので、
途中でパンを焼きました。

あんぱん、杏子ジャムパン、カレーパン、それからレーズンパン
中の具は家にあったものを、片っ端から詰めてみました。
090628ミニパン村上祥子2

15時から始めて終わってみれば22時。
しかし、よかった。
ようやく、寝室にクーラー完備。
タイとかの宿屋では、これだけで1ランクも2ランクもアップだね。
きっと、倍くらいの宿泊料になったことだと思う。

そう思うと、ずいぶん満足した。

テーマ : 菓子パン - ジャンル : グルメ

23:27  |  クッキング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【良三さんちのスイートポテト@長津田(神奈川)】

2009.07.01 (Wed)

横浜は長津田にある知る人ぞ知る極上スイートポテト
「良三さんちのスイートポテト」

ヽ (´ー`)┌  というか、友人のお父さんが作っているんです。
これが、こだわりのスイートポテトで
厳選したさつま芋を高温で焼いて作っていて、
しかも焼き上げたものは一切冷凍せず、当日に売るというポリシー。

芋自身の濃厚な甘みと生クリームのクリーミーさが溶け合う、
ずっしりと重いスイートポテト。
090628良三さんちのスイートポテト

昔、私達が高校生の時にもやっていたんだけれど、
その後、本業(?)の古美術商が忙しくなられたようで、
永らくスイートポテトは休業中だった。

そんな中、この春から満を持してスイートポテト再開!という吉報とともに、
友人が大きなスイートポテトをプレゼントしてくれた!

また、これから楽しみが1つ増えた。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

11:24  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。