スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ラ・プレシューズのケーキ

2010.01.30 (Sat)

ラ・プレシューズのケーキが恵比寿アトレで売っているのに、
今頃気づいた私。

小さめのチョコケーキだけど、
1本で1,300円。

家で楽しむのにもちょうどよいサイズ。
100128ラプレシューズ

いくつか種類があったからまた少しづつ買って、
うちで楽しんでいこうと思う。


今日、NHKhiで放送されている
ハイビジョンシリーズ 東京モダンという、
外国人監督の目線で「日本」を切り取ったけっこう面白い番組を見た。

「辛抱」と題された今回は、
相撲の大島部屋が舞台。
ここに住み込んで一人の若い新弟子を追い続けたのは、
フランス人女性監督とモンゴル人監督の2人。

この監督お2人の、物事の核心を探り出し、
それに脚色を加えず、しかし暖かい目で“美しい”映像として仕上げる技術の高さに舌を巻いた。

北海道から単身上京してきた若者は、
地元の後援会や父親、祖父の熱い期待を背負いながらも、
一人ひょうひょうとしていて、いかにも現代っ子の雰囲気。

地元では柔道で敵なしの強さで、腕に自信のあった彼だが、
勝負の世界の厳しさに次第に気づき始め、
ホームシックも重なり、やめたいな~と思うようになる。

しかし、その気持ちを引き戻すことになるのは、
自分を熱く見送ってくれた地元の期待、父親、祖父の思い。

「頑張ってお金を稼いで、父親に家でも買ってあげられたらな・・と気軽な気持ちで出てきたけど、
甘かったなって思う。
でもここであきらめたら、おじいちゃんやお父さんをがっかりさせるだろうし、
何より、後援会の人の話を聞いて、この道に進むて決めたのは結局は自分だったわけだし、
(相撲が本当に嫌になって本気で地元に帰ろうとしてしまった)前のように、
なんとなくやっていた時の気持ちとは、今は変わりましたね。
今はとにかく“辛抱”ですね」

というような最後のコメントが印象的。

そして、ここがなんとなくさすがフランス人監督!
と思ったのは、
このコメントの後に、画面いっぱいに

「辛抱」

という漢字が映し出される。

辛抱って、「辛い」を「抱く」って書くんだね。

改めて、納得。


こうやって頑張っている若者がちゃんといるわけで、
もともと相撲に興味もないくせに、
スキャンダルにだけ我先に飛びついて、
知りもの顔でおひれはひれをつけて陰口ばかりたたく
マスコミや世の人々の軽々しさを(申し訳ないけど)しみじみと実感する。
(↑ 普段、あまりネガティブなことをブログに書かないようにしている私ですが、
    あんまりにも最近うんざりしていたので・・・)


そうそう、いろいろニュースになった相撲部屋についても、
大島部屋の雰囲気は、けっこう和気あいあいとしてました。

兄弟子に自分の好きな子の写メールを見せて、
「ここに写ってるのお前の子どもなんじゃね~」
と絡まれたり・・・

それから、、相撲教習所のだらだらした雰囲気とか、
性教育とか・・・(笑)

普通のNHKの取材ならカットしそうなところも、
リアルに放送されていて、
なかなか面白い趣向の番組だなと思いました。


NHKって、やっぱり頑張っているんだな。
スポンサーサイト
23:24  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

【峨嵋山@四谷】

2010.01.28 (Thu)

友人と四川を食べようということになり、
私が以前から行きたいなと思っていた
四谷の「峨嵋山」へ。

元気なお母さんがお出迎えしてくれ、

「よだれ鶏は、よだれが出るほどおいしい鶏なのよ」

という言葉で、頼んでみた よだれ蒸し鶏
100126蛾媚山・よだれ鶏
これが、絶品!!
だしでじっくりボイルした若鶏を一日がかりで冷やしたものらしい。
このほろほろしながらも、
しっとり柔らかい身もさることながら、
コクがあるのにさわやかな香草の香りとピーナッツの歯ごたえ、
パンチの利いた香辛料がやみつきに!!

目当ての麻婆豆腐は、
思ったよりもパンチがきいてなくて、
ちょっと残念だった。

最後の五目粥は、これまた絶品。
100126蛾媚山・五目粥

丁寧にだしをとって、
味を繊細に調整してある料理。

かなりおいしくて良い店でした。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

00:22  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【おぶね@銀座】

2010.01.26 (Tue)

もとジェンヌのママさんが経営する、
カウンターのみ8席の小さなバー。
ここのハヤシライスが美味しいと評判。

どろりとしたデミグラスソースに、
牛の薄切り肉がぎっしり入ったハヤシライス。
100125小舟・ハヤシライス

甘くて、なんだか懐かしい味。
そして、食べ応えもある。

ママはなんと、小林一三さんの時代のジェンヌさんとのこと。
そんなママとの楽しいトークで、
ランチタイムはおろか、
気づいたら16時!!

でした。
23:35  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【舌呑@恵比寿】

2010.01.24 (Sun)

早朝からの仕事の後、恵比寿で友人とかなり遅いランチ。

100122舌たんランチ

そうそう、私たちは3月から新しく、
料理教室とケータリングの仕事を始めることにいたしました。

まだまだ、どんなことができるのかわかりませんが、
この土日といろんなイベントで頑張っている人輝いている人に出会い、
私みたいななんのとりえのない人間でも、
少し頑張ってみたら何かできるのかもしれないと思い、
しばらく仕事を頑張ってみます。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

21:52  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【魚金@新橋】

2010.01.22 (Fri)

とある雑誌のライターさんとお食事。

「魚金」
で、しぶく、魚をつまみながら酒を飲む。

このかりかり油揚げに白子をのせたつまみ、美味しかった。
お酒がすすむ。
100121魚金

で、なんと、その雑誌にクレジットをのせてもらえることになりました!!

詳細は、近くなったらご報告いたします。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

08:35  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【アヒルストア@富ヶ谷】

2010.01.21 (Thu)

CS放送収録後、
スタッフの方々と打ち上げ。

向かうは富ヶ谷

アヒルストア

おにいさんお薦めのワインはどれも美味しく、
100120アヒルストア・ワイン

おねえさん手作りのパンもどれも美味しかった。

ほうれん草のスペイン風オムレツ
100120アヒルストア・オムレツ
そして、このぎっしりほうれん草の詰まったオムレツ。。

ふわっとしていて、ほうれん草の香りがよくて美味しかった。

ちなみに、
こういう良い店とであうと・・・

また、私は電車に乗って、
目が覚めると、、、

東中野でした。

終電は終わってました・・・はい。
06:15  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

台場ラーメンPARK

2010.01.19 (Tue)

昨日は仕事後、
「台場ラーメンPARK」
で、フードの人たちとランチ。

3人それぞれが、違うところのラーメンを選んで食べ比べ。

麺がやや生煮えとか、スープがぬるいなど、
2つはやや残念な結果だったけれど、
中では、この「つじ田」のラーメンはまあまあだった。
100118つじ田


特徴的なのは、ひと口目から強烈に主張してくる魚介の濃厚なスープ。
たっぷりかけられたしょうがのすりおろしで、くさみはけっこう中和されている。

なかなかパンチのある味ですが、
普段、ラーメンを食べない私は、
この店が有名なのかどうか、わかりませんでした。
18:18  |  グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

青年コミックを読む着物の女・・・?

2010.01.17 (Sun)

昨日は、茶道の今年初のお稽古、「初釜」でした。

初釜は、本格的な茶懐石料理を頂き、
それからお菓子を頂いてから、
お茶を点てて飲む。

とは言え、今回は先生のところでは、
平日の昼と土曜の2回に分けて初釜をしたうえ、
次の日に先生はお茶会があるということで、
私たちの初釜は半懐石と言って、
点心でいただく、省略形式でした。

100116初釜

この後に、八寸が出てきて、
いつもどおり「ちどり」という、
亭主と客で酒を酌み交わす儀式?はちゃんとしました。

そして、毎年ながら、あとからあとから出てくる懐石料理でお腹いっぱい・・。


帰りに電車の中で、
茶道仲間のK君から借りた
モーニング連載の
「へうげもの」
を集中して読んでいると、
隣でDSをやっていたお兄ちゃんが、
漫画と、私の顔を何度も何度も見比べていた・・・

確かに・・
着物姿の女と、青年コミックの組み合わせはあんまり一般的でないかもしれない。。

いや、しかし、注意してみれば、
茶道つながりってことに気づくはずなんだが・・・。
(「へうげもの」は古田織部の漫画なのです)
とか、思いつつ、

やはり「へうげもの」
面白くて、やめられず、、
気にせず車内で読んで帰ってきました。

両国で降りるときにも、
かなり顔をがん見されました・・・ 汗

・・・そこまで、奇怪に思われると、
ちょっと恥ずかしいかも・・って気もしました。
13:43  |  グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

【越後屋 若狭@両国】

2010.01.16 (Sat)

ず~っと、食べてみたかったのだけれども、
3日前以上に注文しなければならないという点で、
なぜかハードルが高かった
(だいたい私は計画性がないので、食べたいと思った時が買い時!な人なので・・・笑)
「越後屋 若狭」
両国の和菓子の老舗であり、名店である。

種類はだいたい 羊羹 2種(今の時期は蓬と栗)
        主菓子 2種

くらいの取り揃え。

今回は蓬羊羹を購入。
2,500円くらいでした。
普通にホールケーキが買える値段です。

箱を開けてみると、蓬の濃厚な緑色にまず驚く。

100115越後屋・蓬羊羹

切ってみると、こんなに繊維がしっかり入っている。

・・・ところがっ!!
一口食したところ、期待通りのしっかりした硬さなのに、
そう思った瞬間にすっと消えていくきめの細かさ、滑らかさ。
あの、ぎっしり見えた繊維はどこへ・・?

と思っているところへ、ふんわり香る若草のような蓬の香り。

一口で感じた、うわさ通りの実力。

これはすごいっ!と思って、
恵比寿のお店にも持って行きました。

そうしたら、まきえさんも、お店のスタッフも、
みんな大絶賛!!


そうそう、昨日もお店で
「あなた、加護ちゃんに似てるって言われるでしょ?」
と、いわれた。

これで、最近3人目だ。

自分では、ちっとも似ていると思わないし、
(私の頭の中では、加護ちゃんて私より、相当若く見える子だと思う・・実年齢も本当に若いし。。)
かがちゃんに聞いてみても、
「え~?そう?」
と言うし・・・。

本当に疑問すぎる・・・

最近、この若く見えるといわれることに、
さすがに複雑な気持ちの私です・・・

だって、、さすがにもう○十路なので・・・汗

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

20:43  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【権兵衛@渋谷・青山】

2010.01.15 (Fri)

夕刻、青山劇場で「ウーマンインホワイト」を観劇後、
かなりの空腹であることに気づいた。

朝のテレビの料理番組リハーサルで白湯鍋を数口食べただけで、
昼ごはんも食べず、
芝居にまにあうようダッシュしてきたのだった・・。


で、劇場から青山通りをちょっと下ったところにある
「権兵衛」で簡単に腹ごしらえ。

玄米しらすごはんと、肉巻きおむすび、それに豚汁。
100113権兵衛・玄米しらす、肉巻き、トン汁

ご飯がぱさぱさしてた・・。
肉巻きも・・・
いつもこうなのか、今回だけかわからないけど、
残念。

今日は待ちに待った、宝塚の明日海さんの「I LOVE YOU」がTCAミュージックでipod に配信される日。

聞き惚れています。

歌声、ますます太く深くなったなぁ。
すごく、心のこもった歌い方で、胸に響きます。

そういえば、昨日のテレビの仕事で、
私がキッチンの準備している横で(ていうか、あちらが正面で私の方が横だが・・笑)、
坂本冬美さんが
「また君に恋してる」
を歌っていて、感動してうるうるしてしまった。
いいちこのCMのやつですね。

もともと、ビリーバンバンの歌詞もいいんだけど、
その素敵な歌詞を大切に心を込めて歌われると、
聞いている方の心にすっと簡単に入ってきて、
例え他のことをやっていても、
歌にぐっと心をわしづかみにされて、ゆすぶられる。

そんな歌い手の歌を聞くと、
一日中幸せな気分でいられる。

明日海さんの「I LOVE YOU」もそう。
とても切ない歌にも関わらず、
すごく大切にうたっているので、
聞いてるだけで心が温かくなる。

さて、今日はこれから明日の初釜に向けて、
一度着物着付けの練習してから、
恵比寿に仕事に行きます。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

17:21  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

上毛カルタを知ってますか・・?

2010.01.13 (Wed)

月曜祝日は我が家にかがちゃんの両親が来たので、
簡単に夕飯を作って食べました。

 ↑ また、この日も観劇に行っていたので・・・、毎度簡単ですみません。
    しかも、間に合ってないし・・(汗)

この日見た舞台が、あんまりにも後味の悪い舞台だったので、
詳細は書きませんが・・

今やってるホリプロの、日比谷の方のミュージカルです。



そして、昨日火曜日は縁あって、
私のフードの学校の後輩となったAちゃん宅へ。

テーブルコーディネートまでしてあってすごい!!
そして、料理が時間までに完成してある!

あぁ、当たり前?
そんなあたりまえなことができない私からすると、
すごいな~と、、(汗)
100112yasuhara宅

彼女のご実家は群馬で畜産農家を営んでいらっしゃるそう。
ぜひ、一度行ってみたいものです。

そんなご実家から届いた新鮮なもつを、圧力なべで煮込んでくれた。
100112yasuhara宅・もつ煮込み
臭みがなくて、とろとろやわらかいもつ。
こんなの食べると、こてっちゃんとか食べられなくなる・・・。


デザートまで手作り。
さすがです。
100112yasuhara宅・デザート


そうそう、テーブルにあしらってあった超レトロな絵のカルタ。
どっか間違った、シャガール・・?みたいな・・?

いったいなんだろう?と思って尋ねたところ、

群馬県名物の 「上毛カルタ」 というものらしい。

群馬県民はみんな小学校で覚えるそう。
ものすごく、郷土愛に満ちた感じのカルタです。


「ね」
ねぎとこんにゃく下仁田名産

「つ」
つる舞う形の群馬県


ちなみに上毛カルタをググると、上位の方にでてくるのが「”裏”上毛カルタ」
それによると・・

「ね」


 -  ねぎとこんにゃく下ネタにいさん  (爆)


 ・・・ どんな兄さんだ!?どんな下ネタだったんだ(笑)??



「つ」


 - つる舞う形に見えるのは群馬県人だけ (爆)


 ・・・ 自虐ネタだけど、いいとこついてるっ!



とまあ、上毛カルタ話題で盛り上がった宴会でした。
21:54  |  グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

【野の花 司@銀座】

2010.01.11 (Mon)

銀座松屋の裏にある和風喫茶店 「野の花 司」

1階は茶花を売っている花屋さん。
このお店は、茶花をアレンジして花束やウェディングブーケなども作ってくれる。

茶花と言えば、百合とかバラとかの洋花や栽培花じゃなくて、
野に咲いている草花でないといけない。
つまり、野草である。

野に咲く野草は、小さくひっそりと佇んでいるので、
注意してないと気付かないことも多い。
でも、ふと目にとまると、その奥ゆかしいけれど、凛として美しくて、
瑞々しい生命力にあふれている姿に見とれてしまう。

こういう野草を茶室に飾って、
「侘び」という美意識を見出した千利休はさすがだなと思う。


さて、この店の2階にあるのが、茶房「野の花」

食事はおにぎり程度の軽食。

黒米のおにぎりと野草のお漬け物や、白みその味噌汁。 
このAセットが 1,500円
100110.jpg
味噌汁の具は人参、鶏挽肉の片栗団子など素朴ながら
甘い白みそに絡んでほっとする味。

豆乳甘酒セットは冬季限定で 干菓子がついて 800円
100110野の花司・豆乳甘酒
豆乳のこくと酒粕のしみじみとしたうまみが重なって、
懐かしくて優しい余韻が残る。

賑やかな中央通りの裏にありながら、
すごく落ち着ける店内。

少し狭いので、
お客さんがたくさんくると、
申し訳なくて席を譲らねばならないけれど、
それでも、時間によっては落ち着けるし、
いいお店だった。


そして、そんな素敵な喫茶店でほっとしてから向かうは、
東京宝塚劇場、宙組公演「カサブランカ」

さすが小池先生。
もともと素敵な作品だけれど、
それを宝塚の男役1番手、2番手ともに、
とっても格好よく見えるような作品に仕上げていた。

そして、ヒロイン、イルザ役の野々すみ花ちゃん。

彼女も、まさに野に咲く花のような役者さんだなと思う。

奥床しいながらも、芯のある強さを秘めていて・・。

イルザはすごく難しい役だと思う。
下手すると、ただの軽々しい浮気女に見えてしまうが、
すみ花ちゃんは二人の男性の間で揺れ動く心情変化を細やかに演じていて、
とても共感がもてた。

ただ、理性よりも愛が勝ってリックに流れていく場面では、
もっともっと狂ったほどに激しく演じた方が、
観てる方の胸に迫ってくるかもしれないかな?
・・・とか、、いくつか思うところはあった
(とは言え完成度高い中での気づきであって、
全体的に本当に素晴らしい演技だと思いました)。

でも、まだ舞台にたってから4,5年という経歴を考えると、
これからが心底楽しみで仕方のない、素敵な役者さんです。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

23:09  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【魚屋の台所@銚子】

2010.01.10 (Sun)

昨日土曜日は、
買ったばかりのクロスバイクで、
かがちゃんと銚子までツーリング。

と言っても、佐原から銚子まで・・なので、距離にして45kmくらいでしょうか?

100109サイクリング
延々と利根川のほとりには、
こんな、素敵なサイクリングロードがありました。

でも、まぁあちこち寄り道したり、
お茶したりして、
日暮れにようやく銚子にたどり着いたものの、
犬吠崎まではいけませんでした。

銭湯でひと風呂浴びて、
夕飯は地魚がおいしく食べられるという
「魚屋の台所」 へ。

お通しは、セグロイワシを酢で〆たもの。
100109魚屋の台所・お通し
これが小さいながら脂がのっている上に、よく身がしまってっておいしいのなんのって・・。
お通しながら、もっと欲しかったくらい。

カンパチ刺身
100109魚屋の台所・かんぱち刺身
右側は大トロなみのきめ細かい脂のり。
やわらかくてこれまたうまい。

カレイ煮付けとホンマグロのかま焼き。
100109魚屋の台所・カレイ煮付け、ホンマグロかま焼き

この、ホンマグロかま焼き、、やばいね。
塩加減とややスモーキーな焼き加減の香りがまた絶妙。
2人で取り合いしながら夢中で食べました。

ほろ酔い気分で、銚子駅で買い物して、
帰りは電車で帰りました。

夜の19時過ぎにジャージ姿のかがちゃんと、
土産屋を物色していたら、
お店のおばちゃんに、

「マラソン関係の方ですか?」

と聞かれた・・・

かがちゃんと二人、

「???」

どうやら、マラソン選手(←私)と監督(←かがちゃん)と思われたらしい (爆)。。

夜に、ジャージ姿のごっつい坊主と、女子(一般的に私は若く見られるらしいので・・)が、
クロスバイクに乗って人気のまばらな銚子駅あたりをうろうろしてたら、そう見えるものなのかっ!?


兎にも角にも、銚子から両国まで電車で2時間半。

けっこう頑張ったな~と、改めて思いました。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

23:10  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【キハチ カフェ&バー@銀座】

2010.01.09 (Sat)

夕方から新居でキッチンコーディネーター、建築士の方々とミーティング後、
銀座で友達と夕飯。

しかも、キッチンの話ですっかり浮かれていた私、
日比谷線で秋葉原方面に乗ってそのまま家に帰ろうとしていた・・。

電車に乗ろうとしたその瞬間に、
あっ、今日は銀座で夕飯だった!!と思いだした。

どんだけ浮かれてんだっ(汗)私っ!!

慌てて、反対の銀座方面に乗る。

銀座についたはいいが、実は店を決めていなかった。

気づくと花金(←あっ?古い?歳がばれる??)だし、
店が簡単に見つかるはずもないし・・
と、思いながらも 「キハチ カフェ&バー」 の前を通ると、
外から見える、窓側の2人掛けテーブルがひとつ空いているのを発見!!

これはチャンスっ!と思い、
店に入りウェイターさんに聞いてみると、ちょうどキャンセル席だった模様。

ラッキー!!


で、早速、
バーニャカウダ
100108KIHACHIcafe・バーニャカウダ
あっ、ここのバーニャカウダはけっこういける。
ちょっとしょっぱいけど、
あとからあとから、じんわりとにじみ出てくるこの旨みは本物。
その割に、野菜が薄っぺらくてあんまり味わいがないのが残念。

ふんわり トロトロ玉子のせ、キハチのオムライス
100108KIHACHIcafe・オムライス
名前にひかれたけれど、
まあ、味は普通なオムライスでした。

デザートは私はモンブラン。
友達はロールケーキ。
100108KIHACHIcafe・モンブラン

デザートは、まあ、これはキハチの味。
スポンジがやわらかい。

さすがに、ガラス張りの道路沿いの席は、
隙間風がどっかから入ってくるのか、ちょっと寒かった。

でも、久々の友人と、
仕事の話とか、将来の話とか、、
みんないろいろ頑張ってるんだなとかいう話をできて楽しかった。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

23:10  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【HIGASHIYA GINZA @銀座】

2010.01.08 (Fri)

昨日は15時頃にようやくランチにありつけた。

銀座界隈でどこに行こうかといろいろ悩んだけれど、
ゆっくり落ち着けるところ・・・
と思って、
前から行こうと思っていた

「HIGASHIYA GINZA」へ

昨日はちょうど1/7・・
つまり七草粥でした。

なので、季節の膳、七草粥のお膳をいただく。
100107ひがしや・七草粥膳

あぁ、でも失敗に気づいた。
私は15時までランチを待ったおかげで、
かな~り、お腹がすいていた。。

・・・なぁ~のにっ!! 
このお洒落なお店では、がっつり食べるようなメニューはなかった。。

案の定、お上品に七草粥と粥に合わせた梅干しや漬物などの薬味に毛が生えた程度の総菜!!

って、まぁさ、当たり前なんだけどね。
でも、お腹がすいてるんです。わたし。

完全に店選びを間違えた様子。
まあ、ふっくら炊いたお粥はそれなりに美味しかった。
でも、これで¥1,500(+テーブルチャージ)と思うと、
やっぱり腹の空き具合の方がやや気になる。

一応、和菓子も食べましたよ。
でも、まだ腹の虫はおさまらない。

ということで、帰りに天津飯店で水餃子を食べた。
こちらも、ちょっと期待ほどのうまさでなかったけれど、
まぁ、お腹は満足しました。

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

00:05  |  レストラン(有楽町・日比谷・銀座界隈)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【VIN PLATS Feria@市川】

2010.01.07 (Thu)

昨日は園山の新年会で、
しかも、まきえさんのお誕生日でした。
常連さんが大勢いらして、
あちらこちらでシャンパンでの乾杯があり、
にぎやかな新年会となりました。

さて、そこで私はフードコーディネーターのマチルダさんに出会えて、
とっても嬉しかったです。

去年、すっかり飲み友(?)のように、
色々なところに飲みに行きましたが、
今年もまた、よろしくお願いします。

不思議なことに、マチルダさんと飲むと何を飲んでも心地よく酔えるのです。
一番はワインがいいかも。

そんな呑ん兵衛のマチルダさん。
去年の年末連れて行ってもらったのは、
市川の
「VIN PLATS Feria (ヴァンプラ・フェリア)」
という、イタリアンバー。

091208市川

提携している酒屋から安く仕入れるワインはさることながら、
ドライトマト、グラタン、オリーブ、ラタトゥーユなど、料理もおいしい。

さすが、マチルダさん!!

そして、写真も素敵?
そう、マチルダさんが撮ってくださったものです。

今年も、一緒にいると楽しくなる人々と、おいしいものをいっぱい食べたいと思います。

 ↑ えっ?そんなお気楽な抱負でいいのか??って?

まぁ、でもこれがいろんなことを頑張る原動力になるから、
やっぱりこれが今年の抱負でいいです(笑)

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

12:40  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

【櫻花@恵比寿】

2010.01.05 (Tue)

世間では仕事始めとなる昨日1/4は、
仕事始めを半休した(笑)Oちゃんと恵比寿のよもぎ蒸しへ。
よもぎの匂いっていいね~。
落ち着く。そして、あったまる。。

帰りにアイスクリーム屋さん
「櫻花」
でアイスを食べました。

ゴマ、抹茶、きな粉
100104.jpg

味の違いが楽しめました。
06:06  |  スイーツ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

おせちに思う・・「愛」のある料理

2010.01.03 (Sun)

元日はかがちゃんの千葉の実家に行きました。
かがちゃんの弟はデパートマンなので、
毎年年末に高級おせち詰め合わせをもらうらしい。。
・・・うらやましい。。。

そして、そんなおせちのうち、今回はこの「ローマイヤー」のおせちを
ご相伴させていただきました。

100101おせち2

やっぱり目をひくのがこの伊勢えびならぬロブスター。
そして蟹のゼリー寄せなど、見た目にきれいな盛り付けは、
さすが、高級おせち!

でもでも、不思議なのはどうしてか、
こういう既製品のおせちって、
味に驚きがない。
なんでなんだろ?
時間が経つと、料理ってなんでもこんな風に味気なくなるのかな?
でも、そのうちのお母さんが作ってくれたおせちは、
時間がたっても美味しく感じるしな・・・
やっぱり、 
「愛」
なんじゃないかと思ったりします。

数十、数百個、同じものを機械的につくる既製品のおせちは、
どんなに良い食材が使われていても、
愛情がこもっていないような感じがします。
だから、こんな風に、見かけ倒しになってしまうんじゃないでしょうか?


そして、今日1月3日は私の神奈川の実家に行きました。
そこでも、やはりおせち料理。
京都のおばあちゃん直伝の豆腐煮が一番おいしかった。
昔から食べ慣れている味を、
この年になって、ふと、「おいしい」と再認識することが最近増えました。


そうそう、そんな「愛」のこもった料理に関することですが、
すっごくショッキングな話を聞きました。
私が、今まで食べたパン屋さんの中でも、
ベストオブパン屋さんと思っていた、
伊勢原の「ブノワトン」の店主が去年8月に亡くなられていたそうです。。。

研究に研究を重ねた石臼ひきの自家製小麦粉を使って丁寧に焼かれた、輝くようなパンの数々・・
地産地消の思いから国産の、しかも地元神奈川の「湘南小麦」の開発にも尽力され・・・

そういう、こだわりをもった貴重な職人である店主の高橋幸夫さん。
まだ41歳という若さだったそうです。
都内でフレンチのシェフとして修行したあと、
31歳で伊勢原の地にパン屋をオープンさせ、
10年間、たくさん苦労もされたことと思います。

しかし、「愛」のこもったこだわりのパンは、
全国のパン愛好者から愛されるようになり、
そしてその間ずっと変わることなく、
食やパンへの強い思いを発信され続けた真摯な姿は、
ただただ、素晴らしいと、敬服するばかりです。

お店は3月いっぱいで閉店し、
4月からは従業員だった方が新しい店を同じ場所にオープンさせるそう。

ぜひ、新しいお店にもうかがいたいです。

それでも、、もうあのかみしめるほどに優しくて甘くて、
身体の芯から満足するほど旨い、
パン・ブラン・オレが食べられなくなるのかと思うと、
本当に本当に悲しいです。

私が今までに食べたパンの中で、
一番好きなパンでした。
ひとつのパンだけで、おいしくて、十分栄養のとれるパンを作ろうと思って・・という、
作り手の「愛」がひしひしと感じられる、
他にはなかなかない貴重なパンでした。


同じく3月いっぱいで閉店するという箱根の「麦師」にも、
必ず行きたいと思います。


こんな風に高橋さんのことを考えていて、思いました。
いつか私も、「愛」のこもった料理を作れる人になりたいなぁ、と。


高橋さんのご冥福をお祈りいたします。

22:08  |  グルメ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Oh~! 味噌か・・!? は13人でうちパーティ!

2010.01.01 (Fri)

あけましておめでとうございます!!
とうとう2010年ですね。
どんな1年になるのでしょうか。

私は、もっと無駄な時間をなくして、
活動的な年にしたいです。


さてさて、昨日12/31はうち宴会でした。

毎年大晦日は、オットの幼馴染が集合する「さつき」宴会なのです。

昨日はうちで13人集まり、飲めや食えや、歌えや(笑)の大騒ぎ!!
もとい、8、9人だった集まりが、
それぞれが結婚してメンバーが増えていくという、
なんともおめでたい集いなのです。

宴会メニューは

・色どり野菜ディップ
・ピリ辛柚子白菜
・手巻き寿司 (←30日に築地で大量購入してきた寿司ネタたちです)
・白菜と豚バラの重ね鍋
   → 残っただし汁はクリームシチューに
・やわらか鶏のアーモンドから揚げ
・揚げ生麩のごまだれ
・おからのクリームコロッケ
・黒豆の煮物
・3色野菜のピクルスのもずく和え (山芋、人参の葉、人参)

091231さつき宴会

そして、デザートには・・・
これ、何でしょう?
091231さつき宴会・クリームブリュレ

・・実はクレームブリュレなのです。
しかも、ガスバーナーを誤って捨ててしまった我が家・・。
上のカラメルはフライパンで焦がしたのを、
アツアツのまま上に流して広げました。

でも、けっこううまく行きました。
こつは、フライパンで焦がしていると、
水分が飛んで、ふわっと焦げた煙が立ってくる瞬間があるので、
そこですぐに止め、手早くブリュレの上にかけて器を傾けながらできるだけ広く広げる。

それでも、やはり端の方にはカラメルが届かなかったので、
ホイップで飾りつけました。

ちなみに、デコレーションの「A」は要らないですね・・(笑)。

書いている途中で 「A HAPPY NEW YEAR」 を書くスペースがないことに気づき、
急きょ2010にしたのです・・・。

みんなで年越し蕎麦を食べて、ブリュレを食べた後、
浅草寺まで約2kmの距離をぶらぶら歩いてお参りに行きました。

なんか、ご利益ありそうな、良い初詣でした。
11:14  |  クッキング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。