07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

お肌つるつる~! 【大蒙古・亀戸】

2008.02.26 (Tue)

日曜日の強風は春一番だったらしい。
春一番の次の日は西高東低の冬型の気圧配置で冷え込むことが多いというが、
やはり昨日、月曜日は足元からぶるぶる震えが来るほど寒かった。
とにかく暖かいものを食べようと言うことになった。

温かい料理=寒い地方料理

そう考えた瞬間、去年世間を騒がせた朝青龍の毛皮のコートに包まれた姿を思い出した。
・・・あっ!そうだモンゴル料理にしよう。

ということで、以前から雑誌でみて行ってみたかった、
モンゴル出身力士お薦めの亀戸にある本格派モンゴル料理「大蒙古」へ。

まず、身体を温める一杯。
 「ヤクミルク酒」 ¥800
味は・・ん・・これは・・・まぎれもなくブルーチーズそのもの!
一瞬ぎょっとしたけれど、ブルーチーズ好きの私は3口4口と飲むうちに、
けっこうはまってしまった。
ブルーチーズといっても、草原の草のような爽やかな青臭さも残っていて、しつこくない。
080225大蒙古・ヤクミルク酒_convert_20080226003726


そして、こちらはお代わり自由、ラム肉の「美人鍋」 ¥1900
クコの実やなつめ、しょうがなどの生薬が入った白湯。
しゃぶしゃぶの要領で、薄切りラム肉をお湯に通して食べる。
この値段で食べ放題だし、あまり期待していなかったが、
スープはまあまあいい出汁がでている。
大量の白菜も美味しく食べられた。身体もほっかほか。
ところで、この美人鍋ってどういう意味なんだろう?
とにかく、モンゴル&美人といえば、
高砂親方の「お肌つるつる~!」という名台詞ばっかりが思い浮かぶ。

2階は移動式住居「ゲル」を模した内装。
暖かそうな絨毯がしかれていて、女性客でにぎわっていた。
今度は2階でアラカルトを食べよう。
080225大蒙古・美人鍋2_convert_20080226003924

スポンサーサイト

テーマ : +お外でごはん+ - ジャンル : グルメ

21:01  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryubluerin.blog10.fc2.com/tb.php/15-35cf6fd2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。