10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

** ティグランママのディナー in アルメニア? **

2008.10.03 (Fri)

ある夜、ティグランのお母様がディナーに招いてくれて、
アルメニアの家庭料理を堪能した。
アルメニア料理はやはり、野菜が中心。
味付けも油っぽくなく、塩と胡椒、数種のハーブなどシンプルなものが多い。

まずは、パプリカにカッテージチーズのようなものをのせた前菜。
パプリカの甘いことといったら・・・フルーツのよう。
080920アルメニア・ティグラン宅夕飯2

それから、茹で野菜。
茄子、パプリカ、トマトを茹でて、軽く塩味をつけたもの。
こういうシンプル料理を食べると、
やっぱりこの国の太陽いっぱい浴びた野菜がどんなに美味しいかがわかる。
旨みがぎゅっと凝縮されてて、とっても甘い。
080920アルメニア・ティグラン宅夕飯3

これはベークドポテト。
中央にはインゲンと卵の炒め物が入っている。
塩とローズマリーでアジと香りがついているけど、くどくなくて日本人向きな味。
080920アルメニア・ティグラン宅夕飯4

手前はアルメニアの薄焼きパン「ラバッシュ」
080920アルメニア・ティグラン宅夕飯5

中央にあるのは「バストゥルマ」
胡椒やガーリックをまとったサラミを薄くスライスしたもので、
お酒によく合う
080920アルメニア・ティグラン宅夕飯6

鱒のオーブン焼き。
少しオリーブ油をたらして、あとはシンプルに塩味。
焼き加減が絶妙で、とっても美味しかった。
080920アルメニア・ティグラン宅夕飯7

ママの料理はとっても美味しくって、
しかも野菜豊富で健康的。
と、ここまでは和気あいあいと楽しいディナーでした。

・・・ところが、夕食後、ふと、
葡萄をアルメニア語でなんて言うのか聞いてみたところから、
ママによる、本格的アルメニア語講座が始まってしまった・・・のである (_ _,)

ママは実はアルメニアの伝統歌を歌う歌手だそう。
私のカタカナ読みの発音に満足しない。

「ノン、ノン、 “ヴァ”」

とか、

「ノン、ノン、 “ヴェ~フ”」 (←だから、カタカナ表記無理だってばさ)

という具合に、教室は23時近くまで続きました  (~ヘ~;)

やや、へとへとになったものの、でもやっぱり楽しかったです。ハイ。

美味しい夕食から、アルメニア語講座まで・・ありがとうございました。
スポンサーサイト
22:52  |  旅グルメ(イラン・アルメニア)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryubluerin.blog10.fc2.com/tb.php/209-871571d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。