09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【ほそ川@両国】

2009.09.04 (Fri)

このブログ、実はよく
「グルメ 両国」
というキーワードで検索されるみたいだ。

ところが来てみると、
”両国のグルメなんてなくて、宝塚の話ばっかじゃん!”
という文句が聞こえてきそうな内容である・・と思う。

それではいけない。
せっかく両国グルメについて知りたがっている人に、
情報提供をしたいな~と、一念発起し、
この9月から、両国グルメについても少しずつ書いていくことにした。

それに、最近、両国のお勧めのお店を教えてという、
友達からの問い合わせも、よく頂くようになったのです。

両国のちゃんこ屋さんは今まで、かなりの数めぐったのだけれど、
それは3~4年前の、両国住民になりたての頃の話なので、
印象的なお店以外はけっこうよく覚えていないところも多い。
それに、1年半前に始めたこのブログにはのせていない・・・。

と言うわけで、秋は両国のちゃんこ屋特集!
近辺のちゃんこ屋(主にランチ)を回ってレポートしていきます。

で、第一弾!
両国では最近一番(?)有名であろうと思われる、
「ほそ川」
 ↑ って、そば屋じゃん ヾ(-_-;)

そう、なんだけど、
ミシュランで星を獲得した店って事で、
両国に住んでいるというと、
最近いろんな人から「ほそ川」について聞かれることが多い。
でも、実は私、行ったことがなかった。

平日ランチ時に、自転車で「ほそ川」に向かう(うちからだと徒歩でも10分だけど・・)。

大江戸線A3出口からは、
目の前の横断歩道を渡ってまっすぐ行って、
ちょっと右手の小道に入ると左手に入り口がある。
でも、看板もなにもないので、ものすごくわかりにくい。

0909021ほそ川2

0909021ほそ川1

店内については、
写真をとってもいいか店の人に尋ねたらNoと言われた。
他のブログとかにはたくさんのってるのに・・・
評判になったことで、
グルメ通の人が連日押しかけ、
写真NGになったのだろうか?

せいろ1050円、田舎そば1100円
というので、
田舎そばを注文。

平日の昼だったためか、
2~4人の女性グループ客が2組とご夫婦が2組、
1人で来ている50台の男性客が2人と、
比較的空いていた。
1組の女性グループ客は縦襟の白シャツを着たキャリアウーマン風。
そういえば、とある雑誌社の女性編集長も、たまに食べに行くと言ってた。

待つこと5分。
茶色くつややかに輝く田舎そばが出てきた。
麺はけっこう太い。
そして、こしが強く歯ごたえ抜群。
それなのに喉越しはつるっとしなやか。
夢中で一枚食べてしまった。
この食感はけっこう癖になりそう。

それから、ちょっと独特なのは蕎麦湯。
葛湯のようにどろっとしている。
私は、大量に蕎麦湯を飲むと、なぜか気持ち悪くなるので、
普段は味見程度なんだけど、
これはけっこういけた。
身体の芯からほっとする蕎麦湯だった。

玉子焼きや揚げ物などのサイドメニューもけっこう美味しそうだった。
今度は誰かと一緒に行って、
いろいろ頼みたいと思う。


*************************************

『江戸蕎麦 ほそ川』

住所:東京都墨田区亀沢1-6-5
電話:03-3626-1125
営業時間:12:00~15:00
       17:30~21:00
       月曜、第3火曜休み
アクセス:JR両国駅から徒歩8分
      大江戸線両国駅A3出口から2分
ホームページ: http://www.edosoba-hosokawa.jp/
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

16:58  |  レストラン (両国・錦糸町)  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryubluerin.blog10.fc2.com/tb.php/472-1516da86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。