FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

たまには真面目な話(笑)。~深夜に考えた事

2011.01.27 (Thu)

こんな時間に、今日色々話した事を考えてしまい、
ブログを書き始めてしまいました。

今の仕事をしていて、
以前は病院で働いていてたと言うと、
必ず栄養士か看護師と勘違いされてしまう。

でも、実は栄養士でも看護師でもなかったのである。
本当は、主に後天的に脳に障害を負った方々のセラピーをしていた。

自分はもうそれを辞めてしまったので、
現役の方に失礼だし、
前職の事を公の場で話すのはあまり良くないかなと思い、
必要のないときは話さないのだが、
今日はこの話を人にしていて、
自分の中でどうしても、もやもやした考えが生まれてきて、
それをまとめたくなったのである。

前の仕事をしていて、度々悩んだのは、
人に対する「愛」って何だろうということ。

自分の価値観で人を判断し、
自分の好きな人を見極め、その人を好きだと思い、
その人の為に何かをしてあげるのもある意味正しい「愛」の形だと思う。
でも、それでは自分の価値観に当てはまらない人を愛せないのは正しいのだろうか。
前職の時、
どうしても自分の価値観に当てはまらない患者さんがいらして、
その方に自分の価値観を押し付けていたのだと思う。

ある日、先輩から呼び出され、
その患者さんが私を怖いと言っていると聞かされた。

他のセラピストを思い浮かべてみても、
私のように自分の価値観を押し付けてしまうような人はいないかもしれない、
自分は人に対して冷たい人間なのかもしれないと思った。

「価値観」というものは誰もが持っているし、
どうしても受け入れられない事だってあると思う。
しかし、そういう特別な場合を除いて、普段、人と対する際、
自分の考えている「価値観」を一方的に相手に押し付けるのか、
相手の考えている「価値観」を知ろうとして、
自分の考えはさておき、
相手に一生懸命近寄ろうという姿勢で望むかの違いは大きいと思う。

自分ももちろんのこと、
人間は皆程度の差はあれ、様々な面を持っているし、
一見あばたにみえる面だって、
見方によってはえくぼにも見えるものなのだと思う。

高みから相手を批判するのではなく、
相手に近づこうとする姿勢をとること。
人に対してこうアプローチできるようになるには、
精神的にもっと成熟することが必要なのかもしれない。

もともと心映えが立派で他人を好意的に見る事ができる人には、
そういう成熟を待たずとも、自然に出来ることなんだろうな。

でも、私みたいな人間には、
やはりより一層の成熟が必要だなと、つくづく感じる。


これから1年、1年、少しずつでも自分が成長していければいいなと思う。
スポンサーサイト
02:29  |  その他  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryubluerin.blog10.fc2.com/tb.php/647-6dbb4f64

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。