06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

【ばんちゃん@紋別】

2011.10.31 (Mon)

1日目の夜は、
現地を案内して下さる細谷先生のお薦めの店、
ばんちゃんへ。

まずはこの鶏の素揚げ。
皮がパリっとしていて、
中の肉がふわっと柔らかくジューシー!
あまりに絶妙な揚げ加減に最初から気分が盛り上がる。


今朝とれたてのイカは細作り。
三升漬けという青なんばん、麹、醤油を一升づつ合わせて漬け込んだものを新鮮なイカわたと合わせたタレにつけて頂く。
コリコリした食感と濃厚なイカわたダレが絶品。


そしてこの大きなツブ貝。
やみつきになる程のコリコリの食感。
こんなツブ貝は初めて食べました。
お店のお母さんによると、
ツブ貝は水槽に入れるとストレスで身がぶよぶよになってしまうので、
とってきてそのままを食べるのが1番なのだそう。


そしてこれは何の刺身かわかりますか?
なんと、ニシンです。
東京で見るニシンはどれも真っ黒に固く干された干物がほとんどですが、
地元では刺身になるのです。
この脂ののったニシンのうまいことといったら。
このニシンは山わさびという黄色いワサビで頂きました。
ツンと鋭く、しかしさっと引いていく辛味が刺身によく合う。


この山わさび、
あまりにもはまりすぎて
終いには山わさびと醤油を合わせたものをちびちびつまみながら酒を飲んでしまいました。

そして数の子入りで塩焼きにしたニシン。
これまた、ほわっとしたニシンの身の美味しい事。
干物からは想像もつかない美味しさ。
そしてニシンの身から出る旨味を吸った数の子が、ありえないくらい美味しい。


最後にばんちゃん名物
三平汁


じっくり深くて濃厚なニシンの出汁で作った汁が、
大根とジャガイモにたっぷり染み込んでいて、
しみじみと幸せになる汁でした。

これと一緒に出てきたのが、
北海道米のゆめぴかり。
ふっくらもちもちの食感は、
工夫のフライパン炊きの賜物。
それに贅沢にもいくら醤油と大根おろしをかけて頂きました。

北海道は、紋別は、
なんて美味しいのだろう…
と、いっぱいのお腹をさすりながらホテルに戻りました。
スポンサーサイト
11:15  |  レストラン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ryubluerin.blog10.fc2.com/tb.php/699-58f8a109

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。